シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JF202/教育哲学研究 2
(Studies in Philosophy of Education 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
教育哲学 
担当者 (Instructor) 河野 哲也(KONO TETSUYA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) 5203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU6710 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度まで「教育哲学特殊研究」 
テキスト用コード (Text Code) JF202 



授業の
目標
Course
Objectives
「人間にとってそもそも教育とは何か」という教育哲学の根本問題について、学生による発表と文献講読を通して考察してゆきます。 
In this course, through presentations and literature readings, students consider the fundamental issues of educational philosophy: “At its heart, what is education to human beings?”  
授業の
内容
Course
Contents
「教育とは何か」について哲学的に考察していきます。教育哲学、教育政策の原理、教育倫理、道徳教育、特別支援教育の哲学といったテーマを扱いますが、今年度は特に「身体性認知」「現象学的身体論」を共通テーマとします。基本的に受講者それぞれによる発表とディスカッションを中心に進めていきます。教科書として、ローレンス・シャピロ(Lawrence Shapiro)の編著、リチャード・シュスターマン(Richard Shusterman)とシャイ・ウェルチ(Shay Welch)の著作を挙げておきますが、受講者から共同して文献講読を行いたい希望があった場合には、それを取り上げます。また修士論文に関連する発表を定期的に行います。 
We will examine philosophically what education is. We will deal with themes such as philosophy of education, principles of educational policy, educational ethics, moral education, and philosophy of special needs education, but this year we will focus on the common themes of "bodily cognition" and "phenomenological body theory. The textbook will be edited by Lawrence Shapiro and written by Richard Shusterman and Shay Welch. If the students wish to do a collaborative reading, we will discuss them. Presentations related to the master's thesis will be given periodically. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:講義内容と方法の説明 
2. 受講者による発表(1) 
3. 受講者による発表(2) 
4. 受講者による発表(3) 
5. 受講者による発表(4) 
6. 受講者による発表(5) 
7. 受講者による発表(6) 
8. 受講者による発表(7) 
9. 受講者による発表(8) 
10. 受講者による発表(9) 
11. 受講者による発表(10) 
12. 受講者による発表(11) 
13. 受講者による発表(12) 
14. まとめと振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
発表の準備を怠らないこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、発表(複数回)(70%)
備考(Notes)
最終レポートはかならず提出すること
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Shapiro, L.  The Routledge Handbook of Embodied Cognition   Routledge  2017  1138573973 
2. Shusterman, R.  Body Consciousness: A Philosophy of Mindfulness and Somaesthetics   Cambridge UP  2008  0521675871 
3. Welch, S.  The phenomenology of a performative knowledge system   Palgrave Macmillan  2019  3030049353 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Steven M. Cahn  Philosophy of Education: The Essential Texts   Routledge  2009  978-0415994408 
2. Harvey Siegel  The Oxford Handbook of Philosophy of Education   Oxford  2012  0199915725 
3. Randall Curren  Philosophy of Education: An Anthology   Wiley-Blackwell  2006  978-1405130233 
4. Nicholson, David W.  Philosophy of Education in Action   Routledge  2016  978-1-138-84304-2 
5. Bailey, R. et al. (ed.)  The Sage handbook of Philosophy of Education   Sage  2010  978-1-44627-041-7 
その他(Others)
それ以外は随時指定します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP