シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JF203/日本教育史研究 1
(Studies in the Hist. of Educ. in Japan 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 柏木 敦(KASHIWAGI ATSUSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 5207(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU6710 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度まで「日本教育史特殊研究」
後期課程用科目コード:PF303 
テキスト用コード (Text Code) JF203 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の教育に関わる歴史的視点を養い、研究到達点の確認、課題設定方法、研究論文作成に関わる基礎的な技術、史料読解に関わる知識などを習得する。 
The first objective of this class is to develop a historical perspective on Japanese education. Secondly, it aims to confirm the achievement of research in the discipline, to learn how to set up a research agenda, to acquire basic techniques for writing research papers, and to acquire knowledge about decoding historical documents. 
授業の
内容
Course
Contents
日本近代の教育制度政策史や教育に関わる、あるいは教育を取り巻く諸事実に関する研究を検討し、教育史研究における研究到達点、課題設定方法、研究論文作成に関わる基礎的な技術などを習得する。テキストや論文を読み、関連する史料を収集し、読解するなどの作業を通して、受講者の課題意識、方法意識を明確にする。「教育」が形作られていく過程を、幅広い観点から捉え、検証することを心がけたい。 
In this class, we will examine research on the history of Japan's modern education system, the history of education policy, and various facts surrounding education. In this class, students will learn the research objectives of the history of education research, how to set research questions, and the basic techniques for writing research papers. The purpose of this class is to clarify the students' awareness of issues and methods through reading texts, articles, and related historical materials. In this class, students will be expected to grasp and examine the process of shaping "education" from a wide range of perspectives. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 文献講読と史料読解1 
3. 文献講読と史料読解2 
4. 文献講読と史料読解3 
5. 文献講読と史料読解4 
6. 文献講読と史料読解5 
7. 文献講読と史料読解6 
8. 文献講読と史料読解7 
9. 文献講読と史料読解8 
10. 文献講読と史料読解9 
11. 文献講読と史料読解10 
12. 文献講読と史料読解12 
13. 文献講読と史料読解13 
14. 文献行動および史料読解の総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講読文献をあらかじめ読み込んでおくこと。
関連資史料の検索、調査、確認などを行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
課題レポート(40%) 、発表および資料の内容(40%) 、質疑への参加(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 教育史学会編  『教育史研究の最前線Ⅱ』   六花出版  2018  9784866170428 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 花井信  『論文の手法 日本教育史研究法序説』   川島書店  2000年  9784761007188 
2. 古田島洋介  『日本近代史を学ぶための文語文入門 漢文訓読体の地平』   吉川弘文館  2013年  9784642080934 
3. 佐藤秀夫  『教育の文化史』1(学校の構造)   阿吽社  2004年  9784900590809 
4. 佐藤秀夫  『教育の文化史』2(学校の文化)   阿吽社  2005年  9784900590816 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP