シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JF204/日本教育史研究 2
(Studies in the Hist. of Educ. in Japan 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 柏木 敦(KASHIWAGI ATSUSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 5207(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU6710 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度まで「日本教育史特殊研究」 
テキスト用コード (Text Code) JF204 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の教育に関わる歴史的視点を養い、歴史的視点を持った自らの課題設定を行い、関連する研究到達点の確認、課題設定方法、研究論文作成に関わる基礎的な技術、史料読解に関わる知識などを習得する。 
The first objective of this class is for the students to develop a historical perspective on their own topic and to set their own issues from a historical perspective. Secondly, the course aims to help students confirm their research achievements, learn how to set up a research theme, acquire basic skills for writing a research paper, and acquire knowledge about deciphering historical documents. 
授業の
内容
Course
Contents
受講者の関心に基づく日本教育史上の諸問題を検討する。春学期に習得したことを踏まえて、受講者が選択した課題に関する発表、質疑応答を重ねる。それらの作業を通して、受講者の課題意識のオリジナリティを確認し、研究方法を磨いてゆく。春学期同様に、「教育」が形作られていく過程を幅広い観点から捉えることを心がけつつ、史料を通じて自分の仮説を実証することを目指したい。 
Students will examine various issues in the history of Japanese education based on their interests. Students will conduct research on documents and historical materials, as well as make presentations and engage in question-and-answer sessions on their own topics. Through such work, students will confirm the uniqueness of their own awareness of issues and develop and refine their research methods.Students will be expected to substantiate their hypotheses through historical documents. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 文献講読と史料読解1 
3. 文献講読と史料読解2 
4. 文献講読と史料読解3 
5. 文献講読と史料読解4 
6. 文献講読と史料読解5 
7. 文献講読と史料読解6 
8. 文献講読と史料読解7 
9. 文献講読と史料読解8 
10. 文献講読と史料読解9 
11. 文献講読と史料読解10 
12. 文献講読と史料読解11 
13. 文献講読と史料読解12 
14. 各自のテーマの総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講読文献をあらかじめ読み込んでおくこと。
講読文献、発表に関連する資史料の検索、調査、確認などを行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
課題レポート(40%) 、発表および資料の内容(40%) 、質疑への参加(20%)
テキスト
Textbooks
特にテキストは指定しない。各自のテーマに合わせて指示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 久保義三・米田俊彦・駒込武・児美川孝一郎編著  『現代教育史事典』   東京書籍  2001年  9784487796496 
2. 米田俊彦  『近代日本教育関係法令体系』   港の人  2009年  9784896292084 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP