シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JF215/比較教育学研究 1
(Studies in Comparative Education 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
移民と教育 
担当者 (Instructor) 市川 誠(ICHIKAWA MAKOTO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EDU6710 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度まで「比較教育学特殊研究」
後期課程用科目コード:PF315 
テキスト用コード (Text Code) JF215 



授業の
目標
Course
Objectives
比較教育学研究の論文講読の技能習得・向上を目指すとともに,参加学生間で各人の研究テーマの共有をはかる。 
Along with aiming to acquire and improve their skills of reading academic papers in comparative educational research, students each share their individual research themes. 
授業の
内容
Course
Contents
演習形式での文献講読を行う。
各回の担当学生は,文献の概要をまとめるとともに,その内容をふまえた発展調査を事前に行い,成果を授業時間に報告する。この報告をもとに,質疑応答に続いてディスカッションを行う。
今年度は前年度に引き続き,「人の移動」の問題を比較教育学の視点から取り上げたい。文献の候補として Vincente L. Rafael著 White Love (Duke University Press 2000), Filomeno V. Aguilar Jr.著
Migration Revolution (NUS press 2014) または Vincente L. Rafael著 Motherless Tongues (Duke University Press 2016) を考えている。
担当は毎週1回ずつのローテーションを予定しているが,参加人数によって調整の可能性がある。 
Students will do literature readings in a seminar format.
Each discussion leader, along with summarizing concepts from the literature, conducts an extended survey in advance based on the contents of those readings and reports the results. Along with this report, students continue question-and-answer sessions and carry out discussions.
This academic year aims to continue from the previous year, taking on the issue of “movement of people” from a comparative education perspective. Vincente L. Rafael’s White Love (Duke University Press 2000), Filomeno V. Aguilar Jr.'s Migration Revolution (NUS press 2014), and Vincente L. Rafael's Motherless Tongues (Duke University Press 2016) are being considered as potential literature.
Students in charge rotate each week, but this might be adjusted depending on the number of students. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 文献講読1 
3. 文献講読2 
4. 文献講読3 
5. 文献講読4 
6. 文献講読5 
7. 文献講読6 
8. 文献講読7 
9. 文献講読8 
10. 文献講読9 
11. 文献講読10 
12. 文献講読11 
13. 文献講読12 
14. 文献講読13 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
全員が事前に精読する。各回の担当学生は文献の概要をまとめる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各回の講読・討論への参加(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
内容は最近の動向や研究成果などをふまえ必要に応じ変更されることがある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP