シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JG169/日本文学研究 1B
(Studies in Japanese Literature 1B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
「貫戦期」の枠組みで学ぶ20世紀日本文学 
担当者 (Instructor) 川崎 賢子(KAWASAKI KENKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) 6408(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
JAL6310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 後期課程用科目コード:PG302 
テキスト用コード (Text Code) JG169 



授業の
目標
Course
Objectives
戦後GHQ占領期(1945-1952)における、メディアと文学について学ぶ 
This course introduces media and literature during the GHQ occupation period 
授業の
内容
Course
Contents
発表、ディスカッション、論文執筆、研究指導を行う。
各自の研究テーマ、論文作成に極力引き付けた発表で構わない。

「貫戦期」の枠組みで、できる限り1930年代から1950年代までの文芸文化を連続的に捉えるよう試みる。
キーワード
検閲、プロパガンダ、インテリジェンス、ヤミ市、貫戦期、冷戦、文学史再考 
The aim of this course is to help students acquire the necessary skills and knowledge needed to achieve a better performance in their studies
Students will try to capture the literary culture from the 1930s to the 1950s as continuously as possible within the framework of the "trans-war " regime.
Keywords are censorship, propaganda, intelligence, black market, trans-war regime, Cold War, rethinking of literary history 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 模擬授業 
3. 学生研究発表 
4. 学生研究発表 
5. 学生研究発表 
6. 学生研究発表 
7. 学生研究発表 
8. 学生研究発表 
9. 学生研究発表 
10. 学生研究発表 
11. 学生研究発表 
12. 学生研究発表 
13. 学生研究発表 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
調査研究を行い発表分担についてレジュメを作成して授業にのぞむ
授業時のディスカッション、コメントを生かして最終レポートを作成する 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、レジュメ、発表内容(40%) 、ディスカッションへの積極的な参加(20%)
テキスト
Textbooks
太宰治「冬の花火」、三島由紀夫「橋づくし」、「荒地派」詩集(鮎川信夫、田村隆一、黒田三郎)、大岡昇平「武蔵野夫人」他、授業中にも提示
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
https://www.waseda.jp/prj-m20th/
川崎賢子が編集委員を務める20世紀メディア研究所のサイトです 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP