シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JH121/フランス文学演習 1A
(Seminar in French Literature 1A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小倉 和子(OGURA KAZUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) 5204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
FRL6313 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JH121 



授業の
目標
Course
Objectives
現代ケベックにおける移住者文学を講読しながら,ケベック社会の多様性や間文化性を考察する。 
Students will study diversity and interculturality of Quebec society by reading migrant writing in modern Quebec.  
授業の
内容
Course
Contents
グローバル化が進み,国境の概念が揺らいできている今日,フランス文学についても,フランス語圏を視野に入れることによってより鮮明に見えてくるものがあるのではないだろうか。ケベック州は1960年代に起きた「静かな革命」により伝統社会から一気に近代化した。カナダに留まりつつも,北米における独自のフランス語文化を育んでいる興味深い地域である。
Kim Thúy(1968-)はヴェトナム戦争のさなかにサイゴンで生まれ,10歳のときにボートピープルとしてケベックに到着した。通訳,弁護士,レストラン経営などさまざまな職業を経験したのち,2010年に作家デビューし,以来,子供時代の過酷な体験やケベック到着後の多様な体験をもとにした自伝的フィクションを発表して多くの読者を得ている。授業では,彼女が2016年に刊行したViを講読しながら,ケベックの歴史や社会を振り返り,フランス語を核にしてさまざまな出自をもつ人々が共生する現代ケベックの姿を考察する。 
As globalization is taking place, the concept of national border is blurring, so students will be able to see French literature clearer by examining French-speaking areas. Quebec province leaped from traditional to modern society with the Quiet Revolution of the 1960s. While staying in Canada, it is an interesting area that has cultivated its French language culture in North America.
Kim Thúy (1968-) was born in Saigon during the Vietnam War and arrived in Quebec as a boat people at the age of 10. After having experienced various professions such as interpreter, lawyer, restaurateur, she made her debut as a writer in 2010. Since then, she has published autobiographical fictions based on the harsh experiences of her childhood and various experiences after arriving in Quebec. In class, by readingVi published in 2016, students will reflect on Quebecois history and society and will analyze modern Quebec where people of various descendants live and revolve around French language.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 概略カナダの歴史 
3. 概略ケベックの歴史と社会 
4. Vi 講読(1) 
5. Vi 講読(2) 
6. Vi 講読(3) 
7. Vi 講読(4) 
8. Vi 講読(5) 
9. Vi 講読(6) 
10. Vi 講読(7) 
11. Vi 講読(8) 
12. Vi 講読(9) 
13. Vi 講読(10) 
14. Vi 講読(11) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,毎回の授業で行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、毎回の授業への参加度(出席,口頭発表)(60%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小畑精和・竹中豊編著  『ケベックを知るための54章』   明石書店  2009年  ISBN978-4750329512 
2. ジェラール・ブシャール著  『間文化主義』   彩流社  2017年  ISBN978-4-7791-2431-0 
3. キム・チュイ  『小川』   彩流社  2012年  ISBN978-4779118227 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
初回は対面実施とし以後は履修者との相談により決定。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP