シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JH163/フランス文学特殊研究 2A
(Study in French Literature 2A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
20世紀フランス小説と批評を読む 
担当者 (Instructor) 坂本 浩也(SAKAMOTO HIROYA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5212(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
FRL6313 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 後期課程用科目コード:PH303
【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) JH163 



授業の
目標
Course
Objectives
20世紀フランス文学を代表する小説や批評を素材にして、フランス語テクストの精読をおこないながら、修士論文を書くうえで役に立つ文学研究の方法論を習得する。 
Students will read French text carefully and learn about methodology of literature research that will help them to write their graduate thesis. 
授業の
内容
Course
Contents
20世紀の小説の抜粋や研究論文を読みながら、フランス文学の原典を分析し論じるためのコツを身につけてもらう。必要に応じて、おもにプルースト研究を例にとり、伝記研究、テーマ批評、ナラトロジー(物語の技法論)、脱構築、表象文化史的アプローチ、ディスクール分析、草稿研究(生成批評)など、フランス文学研究の方法論、批評の歴史について紹介する。学んだ読解の技法を、受講者自身の研究対象に応用する機会にもしたい。 
Students will learn how to analyze and discuss literary texts in French.
Students will apply reading technique they have learnt on their research subjects. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 精読と発表1 
3. 精読と発表2 
4. 精読と発表3 
5. 精読と発表4 
6. 精読と発表5 
7. 精読と発表6 
8. 精読と発表7 
9. 精読と発表8 
10. 精読と発表9 
11. 精読と発表10 
12. 精読と発表11 
13. 精読と発表12 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加(40%) 、発表(30%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
コピーを配布する。
参考文献
Readings
初回授業時に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
初回から原則としてオンラインで実施し、社会状況と履修者の希望に応じて、対面実施の可能性を検討する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP