シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JH182/フランス語学特殊研究 1B
(Study in the French Language 1B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
フランス語テクストの精読と文学研究の方法論 
担当者 (Instructor) 横山 安由美(YOKOYAMA AYUMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
FRL5813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 後期課程用科目コード:PH352 
テキスト用コード (Text Code) JH182 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文を書くために必要な文学研究の方法論を習得しながら、フランス語テクストの精読を行う。 
Students will learn literature research methods required to write their graduate thesis and read French texts carefully. 
授業の
内容
Course
Contents
フランス文学研究に必要な、テーマの選び方、文献調査の仕方、論文の構成方法などを紹介し、具体的な訓練を行う。春学期に扱った作品のほか、他の時代のテクストを取り上げ、精読を行う。あわせて背景となるフランスの文化や歴史についても案内を行う。
学生による各自の研究テーマの簡単な発表も予定している。 
Students will be introduced to methods to select subjects, research literatures, and compose thesis, while receiving specific training. In addition to works introduced in the spring semester, students will select and read carefully several texts of other centuries. At the same time, students will be introduced to background French culture and history.
Students will also make simple presentations on their research subjects. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 文学研究の方法論1 
3. 文学研究の方法論2 
4. 先行研究の調べ方、まとめ方 
5. フランス語の歴史、フランス語文法の確認 
6. テーマ的検討1 
7. テーマ的検討2 
8. 精読の技法1 
9. 精読の技法2 
10. 精読の技法3 
11. 精読の技法4 
12. 発表1 
13. 発表2 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回訳読を行うので、準備が必要。また各自の研究テーマについても精読と文献調査を並行して行い、発表に備えること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席・参加態度・訳読・口頭発表・課題など(60%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 原野昇  『フランス中世文学を学ぶ人のために』   世界思想社  2007  479071229X 
2. ギ=レノ・ド・ラージュ  『古フランス語入門』   朝日出版社  1988  425581046X 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
春学期のフランス語学特殊研究1Aを受講していることが望ましい。
初回から原則としてオンラインで実施し、社会状況と履修者の希望に応じて、対面実施の可能性を検討する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP