シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JI155/ドイツ文学特殊研究2B
(Study in German Literature 2B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ヘッセ『荒野の狼』を読む 
担当者 (Instructor) 古矢 晋一(FURUYA SHINICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 5212(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GRL6340 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JI155 



授業の
目標
Course
Objectives
一次文献および二次文献を正確に読解する訓練を行い、批判的思考を養いながら、19世紀後半から20世紀前半にかけてのドイツ語圏の文化史、社会潮流について基礎的かつ広範な知識を得る。 
Students will practice reading primary and secondary literatures correctly while cultivating their critical thinking. Students will acquire basic and extensive knowledge about cultural history and social trend in German speaking areas from the late 19th century to early 20th century. 
授業の
内容
Course
Contents
ヘッセの長編小説『荒野の狼』を講読する。精読と要約を繰り返しながら、ドイツ語の読解力を養成し、さまざまな解釈の可能性について考える。
意欲のある学部生の履修も歓迎する。 
Students will read Hesses "Der Steppenwolf". While close reading and summarizing, students will develop German reading comprehension and think about various interpretation possibilities.
Participation of undergraduate students is also welcome. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンスおよび文献紹介 
2. テクスト読解と議論(1) 
3. テクスト読解と議論(2) 
4. テクスト読解と議論(3) 
5. テクスト読解と議論(4) 
6. テクスト読解と議論(5) 
7. テクスト読解と議論(6) 
8. テクスト読解と議論(7) 
9. テクスト読解と議論(8) 
10. テクスト読解と議論(9) 
11. テクスト読解と議論(10) 
12. テクスト読解と議論(11) 
13. テクスト読解と議論(12) 
14. テクスト読解と議論(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回予習が必要となる。扱うテクストだけでなく、授業で紹介する参考文献なども読むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業への参加度(60%)
備考(Notes)
正当な理由(病気や忌引き、交通機関の遅延など)なく3回以上欠席した場合は成績評価の対象とならない。
テキスト
Textbooks
コピーを配布するが、詳細はガイダンス時に説明する。翻訳を予め通読しておくことが望ましい。
参考文献
Readings
授業内で紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP