シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JI185/ドイツ語教育特殊研究 1B
(Studies in German Language Teaching 1B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 井出 万秀(IDE MANSHU)
坂本 貴志(SAKAMOTO TAKASHI)
古矢 晋一(FURUYA SHINICHI)
吉田 治代(YOSHIDA HARUYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 6207(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GRL6840 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 後期課程用科目コード:PI312 
テキスト用コード (Text Code) JI185 



授業の
目標
Course
Objectives
研究発表と学術的討論の能力を鍛えるとともに,それを通じてドイツ語教育の基礎を身につける。 
Students will train their ability to conduct research presentation and academic discussion. Through these, students will master basics of German language education. 
授業の
内容
Course
Contents
ドイツ語の授業を担当するのに必要な文法的・語彙的知識を教授者の立場から系統的に理論的水準で身につけるために学習者に課せられる基礎文法事項と基礎語彙について,語学教育における文化的関心と目的とに関連づけて検討する。また,各自の研究テーマで個人研究発表を行い,それについて出席者全員で討論する。この授業は大学院生全員が履修する。 
Students will acquire systematic and theoretical standards in the grammar and vocabulary knowledge required to teach German language with instructors' perspective. To do that, students also will connect their purposes and cultural interests in linguistic education with the basic German grammar and vocabulary assigned to learners, and discuss them. In addition, students will give research presentations related to their research subjects. All attendees will participate in discussion. All graduate school students will take this class. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンスと履修上の注意 
2. 院生研究発表と討議(1) 
3. 院生研究発表と討議(2) 
4. 院生研究発表と討議(3) 
5. 院生研究発表と討議(4) 
6. 院生研究発表と討議(5) 
7. 院生研究発表と討議(6) 
8. 院生研究発表と討議(7) 
9. 院生研究発表と討議(8) 
10. 院生研究発表と討議(9) 
11. 院生研究発表と討議(10) 
12. 院生研究発表と討議(11) 
13. 院生研究発表と討議(12) 
14. 院生研究発表と討議(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
発表者は事前にテーマを告知し,ハンドアウトを準備すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席と授業参加度(30%) 、発表(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP