シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JJ101/現代文明学特殊研究 1
(Research on Contemporary Civilizations 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
比較方法研究 
担当者 (Instructor) 菅野 聡美(KANNO SATOMI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) 6207(Room)
春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) 6207(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
COC5810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2時限連続(隔週開講)
後期課程用科目コード:PJ301 
テキスト用コード (Text Code) JJ101 



授業の
目標
Course
Objectives
本専攻独自の幅広い研究方法を身につける。 
In this course, students will learn a broad range of research methods unique to this field of study. 
授業の
内容
Course
Contents
学生各自による報告と相互批評の切磋琢磨を行うことを目的とする。蛸壺型の研究に閉じこもることなく,相互に厳しいアカデミックな批評方法を身につける。同時にハンドアウトの作り方や,報告の仕方,論文の構成の仕方等,学会等で通用する実践的な訓練を行う。具体的には,以下を軸に進める。
(1)これまでやってきた研究論旨の報告(論文の趣旨と構成,章立ての報告,今後の課題等)
(2)現在進行中の研究報告(論文の章立てや各章の具体的な趣旨,なにを明らかにするか,あるいはどの点で試行錯誤しているか等),その一部として,修士論文準備段階の人は,自分の研究テーマにとって重要な最近の書籍を1点取り上げ,書評の執筆を進めてもらう。
(3)論文執筆の途中経過報告
どの場合も,報告ではレジュメと同時に,所定の分量の文章化した原稿を配付物とすること。議論の一環として原稿の相互添削を取り入れる。
詳細は1回目の授業で説明する。 
The goal of this course is for students to grow through working diligently, writing reports and constructively criticizing each other’s work. Rather than having them shut themselves away with their research, this course will teach students rigorous methods of mutual academic criticism. At the same time, students will learn how to make handouts and write reports, while learning how to compose a paper. Students will receive practical training that will come in handy at academic conferences. Specifically, this course will cover the following main topics.
1. Reporting research conducted up until now (the gist and structure of the paper, reporting by section, future topics, etc.)
2. Report of research currently in progress (Each section of the paper/the specific gist of each section, what does it shed light on, or rather which parts proceed via trial and error, etc.). As a part of this, students who are preparing their master’s thesis will pick up an important, recent publication relating to their research theme and write a review of it.
3. Paper writing progress reports
In each case for the report, along with an outline, students will provide an essay draft of a designated length. As part of course discussions, students will look over each other’s drafts.
Specific details will be explained during the first class. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス(第1回-1) 
2. ガイダンス(第1回-2) 
3. 授業内情報検索講習会(第2回-1) 
4. 授業内情報検索講習会(第2回-2) 
5. 報告と議論(第3回-1 報告の主な内容としては,『境界を越えて』合評、修士論文中間報告,前期課程1年による研究報告,書評執筆の中間報告を含む。以下同様) 
6. 報告と議論(第3回-2) 
7. 報告と議論(第4回-1) 
8. 報告と議論(第4回-2) 
9. 報告と議論(第5回-1) 
10. 報告と議論(第5回-2) 
11. 報告と議論(第6回-1) 
12. 報告と議論(第6回-2) 
13. 総括(第7回-1) 
14. 総括(第7回-2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告(40%) 、議論への参加度(30%) 、提出物(学術的書評もしくは研究経過報告)(30%)
備考(Notes)
提出物の詳細は授業時に指示する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
この授業は比較文明学専攻の中心的授業であり,「全体授業」と位置付けられている。単位修得とは無関係に出席が推奨される。
隔週4・5時限連続で行う。日程の設定については院生室前の掲示やメーリングリストを通じて周知する。
提出物のうち書評については,立教比較文明学会紀要『境界を越えて』への投稿を想定している。査読をクリアするよう,夏休み期間中にも引き続きブラッシュアップすることが求められる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP