シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JJ112/現代文明学演習 5
(Seminar on Contemporary Civilizations 5) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
世界観論 
担当者 (Instructor) 福嶋 亮大(FUKUSHIMA RYOTA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
COC6810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JJ112 



授業の
目標
Course
Objectives
ある時期まで、日本の文芸批評は同時代の人文知をリードする存在であった。この授業では中村光夫、平野謙の文芸批評を精読する。 
Up until a certain point, Japan’s literary criticism acting as a leading force for its humanities knowledge of the same era. In this course, we will intensively reading the literary criticism of Mitsuo Nakamura and Ken Hirano. 
授業の
内容
Course
Contents
担当者は毎回レジュメ作成(教科書の読解+引用文献の読解)。その後でディスカッション。各自の積極的な参加を期待する。『日本近代文学評論選 昭和篇』を事前に入手しておくこと。 
Each class, the instructor will write a summary (reading comprehension of the textbook and the reference literature). Following this, discussions will be held. Each student will be expected to actively participate. Students will need to procure a copy of “The Selection of Modern Japanese Literary Criticisms (Showa Era)” in advance. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. テクストの読解&討議 
3. テクストの読解&討議 
4. テクストの読解&討議 
5. テクストの読解&討議 
6. テクストの読解&討議 
7. テクストの読解&討議 
8. テクストの読解&討議 
9. テクストの読解&討議 
10. テクストの読解&討議 
11. テクストの読解&討議 
12. テクストの読解&討議 
13. テクストの読解&討議 
14. テクストの読解&討議 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講者はテクストを精読してくること。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(50%) 、発表内容(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP