シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JJ134/言語多文化学特殊研究 3
(Research on language and Multiculturalism 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
Mary Louise Prattの"Imperial Eyes. Travel Writing and Transculturation" (2nd edition) を読む 
担当者 (Instructor) 林 みどり(HAYASHI MIDORI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
COC6810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 後期課程用科目コード:PJ303 
テキスト用コード (Text Code) JJ134 



授業の
目標
Course
Objectives
メアリー・ルイーズ・プラットの"Imperial Eyes. Travel Writing and Transculturation"を読む 
Read the text of Mary Louise Pratt's Imperial Eyes. Travel Writing and Transculturation." 
授業の
内容
Course
Contents
1992年に出されたプラットの『帝国の眼差し』は、邦訳はないものの、西洋世界と非西洋世界の知的・文化的・歴史的な接触の力学を、"contact zone"や"autoethnography"といった概念を用いて明らかにしたテクストとして衝撃をもって迎えられた。本授業では、2008年に出された第2版を読み進めながら、旅行記や風俗描写、科学的調査など、一見したところ植民地主義とは異なる言説領域が植民地主義的言説にどのように関わったかを考える。同時に、植民地化された地域の側からのリスポンスについても考察する。 
Pratt's "Imperial Eyes" published in 1992, although not translated into Japanese, describes the dynamics of intellectual, cultural, and historical contact between the Western and non-Western worlds as "contact zone" and "autoethnography."While reading the second edition published in 2008, we will focus on how the discourse that seemingly differ from colonialism, such as travelogues, pictorial interpretation of local everyday life and customs, and scientific research, become colonial discourse. 
授業計画
Course
Schedule
1. 全体のガイダンス 
2. 報告とディスカッション1 
3. 報告とディスカッション2 
4. 報告とディスカッション3 
5. 報告とディスカッション4 
6. 報告とディスカッション5 
7. 報告とディスカッション6 
8. 報告とディスカッション7 
9. 報告とディスカッション8 
10. 報告とディスカッション9 
11. 報告とディスカッション10 
12. 報告とディスカッション11 
13. 報告とディスカッション12 
14. 全体の総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
報告者は事前にテクストの指定された範囲を読み、レジュメを作成のこと。それ以外の参加者も当然事前に熟読しておくことが前提。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
演習への参加度(100%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布する
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP