シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA127/近代経済学3特論1
(Special Lecture on Modern Economics and Econometrics 3-1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 藤原 新(FUJIWARA ARATA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5120 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) QA315近代経済学3特殊講義1と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) KA127 



授業の
目標
Course
Objectives
ケインズやポストケインジアンの主張の特徴を理解する。特に方法論にまでさかのぼって議論を展開する最近のポストケインジアンの文献を読み、その内容把握に努めるとともに、受講生の研究に新しい視角をもたらすことを目標とする。 
Students will understand characteristics of Keynes and post-Keynesian arguments. Students will read the latest post-Keynesian literatures, tracing back to its methodology. While working to understand its contents, students will gain new perspectives for their researches. 
授業の
内容
Course
Contents
ケインズやポストケインジアンの書いたいくつかの文献を輪読する。英語文献の場合にも翻訳だけにとどまらず、内容の吟味も行い、それぞれの文献の意義と限界を理解するようにする。
学期中に受講生の研究についての中間発表を複数回設定し、受講生間の相互理解を深めるとともに、研究の進展を図る。 
Students will read several Keynes and post-Keynesian literatures. If the literatures are in English, students will not only translate them, but also examine their meanings, understand their significances and limits.
During the semester, students will make several interim presentations on their researches to deepen mutual understanding among students and to advance their researches. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス、扱う文献の具体的な決定 
2. 文献の読解と内容についての議論(1) 
3. 文献の読解と内容についての議論(2) 
4. 文献の読解と内容についての議論(3) 
5. 文献の読解と内容についての議論(4) 
6. 文献の読解と内容についての議論(5) 
7. 研究中間発表と議論(1) 
8. 文献の読解と内容についての議論(6) 
9. 文献の読解と内容についての議論(7) 
10. 文献の読解と内容についての議論(8) 
11. 文献の読解と内容についての議論(9) 
12. 文献の読解と内容についての議論(10) 
13. 研究中間発表と議論(2) 
14. まとめ、最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献の該当箇所を十分に時間をかけて検討しておく。内容を吟味し、周辺の研究との関連についても検討しておく。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内での報告、議論の内容(60%) 、提出物(20%) 、最終テスト(Final Test)(20%)
備考(Notes)
最終テストは口頭で行う。
テキスト
Textbooks
受講者の関心を確認したうえで、初回の授業時に複数の文献を決定する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
新型コロナウイルス感染症の状況によっては、授業方法が変更される可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP