シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA213/欧州経済史特論1
(Economic History of Europe1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 菊池 雄太(KIKUCHI YUTA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5720 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KA213 



授業の
目標
Course
Objectives
ヨーロッパ経済史に関する知識を獲得し,ヨーロッパ経済の構造について考察できるようになる。それに基づき,経済史研究における問題の所在や議論の枠組みを理解する。 
Students will acquire knowledge on Europe economic history and be able to analyze its economic structure. Based on that, students will understand problems found in economic history researches and their discussion frameworks. 
授業の
内容
Course
Contents
ヨーロッパ経済はどのような特徴をもち,どのように機能しているのか。本授業ではそれを歴史的視点から学ぶ。英語を含む専門文献の精読を基に解説と議論を行う。主なテーマは「産業」,「商人と企業」,「消費」を予定している。
受講者は授業で与えられた課題(テーマに関する簡単なメモないしレジュメの作成,受講者の研究に関する自由発表)をこなすことが求められる。毎回何らかの課題が与えられる。 
What characteristics and functions does European economy have? In this class, students will learn about that from a historical perspective. Students will read carefully specialized literature (partly in English), while explaining and discussing them. Main topics will be: "industry", "merchants and companies" and "consumption".
Students must complete assignments given in the class (create simple note or summary on these subjects or free research presentation). Professor will give assignment in every class. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ヨーロッパ産業の歴史に関する文献精読・発表・議論 
3. ヨーロッパ産業の歴史に関する文献精読・発表・議論 
4. ヨーロッパ産業の歴史に関する文献精読・発表・議論 
5. ヨーロッパの商人・企業の歴史に関する文献精読・発表・議論 
6. ヨーロッパの商人・企業の歴史に関する文献精読・発表・議論 
7. ヨーロッパの商人・企業の歴史に関する文献精読・発表・議論 
8. ヨーロッパの商人・企業の歴史に関する文献精読・発表・議論 
9. ヨーロッパの消費の歴史に関する文献精読・発表・議論 
10. ヨーロッパの消費の歴史に関する文献精読・発表・議論 
11. ヨーロッパの消費の歴史に関する文献精読・発表・議論 
12. 受講者による自由発表と議論 
13. 受講者による自由発表と議論 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
輪読文献(日本語・英語)は事前に指示あるいは配布する。それを授業前までに精読し,論点をまとめてくること。自由発表の準備を計画的に進めること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加(事前準備・議論への参加)(80%) 、発表(20%)
テキスト
Textbooks
とくに指定しない。輪読文献は授業中に適宜指示する。文献は英語のものを含む。
参考文献
Readings
授業中に適宜指示する。日本語に加え,英語の文献を読む。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP