シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA217/経営史特論1
(Special Lecture on Business History 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 須永 徳武(SUNAGA NORITAKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 9204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5720 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) QA323経営史特殊講義1と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) KA217 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文作成の準備として、専門文献を批判的に検討し、その研究上の意義について議論する能力を修得することができる。 
To prepare for their master’s thesis writing, students will critically discuss specialized literatures. Students will acquire ability to discuss significance of these researches. 
授業の
内容
Course
Contents
近年、経済のグローバル化の進展により、市場環境のみならず、日本の企業システムや経営理念が大きく変化しつつある。これまでの日本の経営理念や企業間関係に内在した特質は、「グローバル・スタンダード」に比較して不合理かつ非効率なものとする、否定的な認識が強まりつつある。
こうした認識は適切であるかどうか、企業統治や企業間関係を中心に日本の経営システムを歴史的観点から検討した文献を輪読し、受講者に報告をしてもらうことで再検討する。
なお、輪読する文献や授業の具体的な進め方は受講者の研究テーマを勘案して決定する。
また、受講者の修士論文の執筆構想も適宜報告してもらう予定である。 
In recent years, economic globalization has brought great change to not only market environment, but also Japanese corporate system and management philosophy. More and more people have negatively recognized that the characteristics of traditional Japanese management philosophy and inter-corporate relationship are irrational and inefficient when these are compared to global standards.
Are these denials justified? When reading literatures, students will focus on corporate governance and inter-corporate relationship in discussions about Japanese corporate system from historical perspective. After students take turns to read, they will reports and resume discussions based on these reports.
Professor will consider students’ research subjects when deciding specific lesson plan and reading list of literatures.
Furthermore, professor may ask students to report their master’s thesis concepts when appropriate. 
授業計画
Course
Schedule
1. 講義ガイダンス 
2. 経営史研究の目的と課題 
3. 文献講読(1) 
4. 文献講読(2) 
5. 文献講読(3) 
6. 文献講読(4) 
7. 文献講読(5) 
8. 修士論文の執筆構想発表(1) 
9. 修士論文の執筆構想発表(2) 
10. 文献講読(6) 
11. 文献講読(7) 
12. 文献講読(8) 
13. 文献講読(9) 
14. 文献講読(10) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講読文献および関連論文を読み、疑問点や論点を明確にしておく。また、報告担当者は報告用レジュメを準備する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席,報告,討論などを総合的に評価する(100%)
テキスト
Textbooks
受講者の研究テーマを勘案し、開講時に相談・決定する。
参考文献
Readings
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP