シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA302/経済政策特論2
(Special Lecture on Economic Policies 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
グローバル資本主義の持続可能性と反グローバリズム政策の背景を探る 
担当者 (Instructor) 櫻井 公人(SAKURAI KIMIHITO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5520 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) QA326経済政策特殊講義2と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) KA302 



授業の
目標
Course
Objectives
転機にあるグローバル資本主義は生き延びることができるのか。そのために必要な政策課題は何か。定義,歴史,多様性など,グローバリゼーションについて多次元的に理解する。反グローバリズムの政策背景を理解する。 
Can global capitalism survive ? What policy issues does it need to cope with ?
To understand multi dimensions of globalization such as its definition, history and diversity.
To understand the background of anti-globalist economic policies.
 
授業の
内容
Course
Contents
21世紀の資本主義は転機にある。グローバル金融危機,情報技術革新,さらには資源・エネルギーにおける持続可能性が,今後のゆくえを左右するだろう。
金融化とカジノ資本主義化,マッド・マネー化のもたらした危機に,非伝統的な政策とグローバル金融規制で対処できるのか。「インダストリアル・インターネット」や「IoT」などのデジタル技術やAIが産業と雇用の構造を変え,失業・格差・貧困の構図をどう変えるのか。人口増加と水・食糧の需要など,資源・エネルギー面は持続可能か。今日の資本主義が抱えるグローバルな政策課題への対処のため,グローバリゼーションの起源にさかのぼって検討する。なお,テキストは2020年刊行の5th edition を用いる。

 
21 century capitalism is now at the turning point. Global financial crisis, IT, sustainability of resource and energy will be at stake. Can we cope with crises caused by financialization, casino capitalism, and 'mad money' ? How do digital technologies such as industrial internet and I o T transform the structure of industry and labor ? Can we deal with population, water and food issues? Explanations will be given from historical view with the origin of globalization to correspond to the global capitalism today. 
授業計画
Course
Schedule
1. はじめに
Introduction 
2. グローバリゼーション-概念をめぐる論争
Globalization: a contested concept 
3. グローバリゼーションは新しい現象か
Is globalization a new phenomenon ? 
4. グローバリゼーションの経済的次元
The economic dimension of globalization 
5. グローバリゼーションの政治的次元
The political dimension of globalization 
6. グローバリゼーションの文化的次元
The cultural dimension of globalization 
7. グローバリゼーションのエコロジー的次元
The ecological dimension of globalization 
8. グローバリゼーションのイデオロギー
Ideologies of globalization:,  
9. -市場派グローバリズム
market globalism 
10. -正義派グローバリズム
justice globalism 
11. -宗教派グローバリズム
religious globalism 
12. グローバリゼーションの未来
The future of globalization 
13. グローバリゼーションと政策対応
globalization and policy response 
14. まとめ
conclusion 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義前の事前準備は必須である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回の講義での報告(50%) 、講義への貢献度(30%) 、最終レポート(Final Report)(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Manfred B. Steger  Globalization 5th ed.: A Very Short Introduction   Oxford U. P.   2020  9780198849452 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. S. ストレンジ  『国家の退場』   岩波書店  2011  9784000285155 
2. 斎藤修・古川純子編  『分水嶺にたつ市場と社会』   文眞堂  2020  9784830950766 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP