シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA315/労働経済特論1
(Special Lecture on Labor Economics 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本の労使関係・雇用慣行 
担当者 (Instructor) 首藤 若菜(SHUTO WAKANA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 7153(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5420 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) QA333労働経済特殊講義1と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) KA315 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の労使関係・雇用慣行について,その特質,形成過程を理解したうえで,今日の変化を議論する。 
Students will understand characteristics and formation process of labor-employment relationship and employment practice in Japan. They will also discuss current changes. 
授業の
内容
Course
Contents
かつて日本の国際競争力を牽引してきたとされる日本型雇用慣行は,今日,大きく揺らいでいる。有期雇用者や短時間労働者の増加,職務給や成果・業績給制度の導入がすすむなか,長期に安定した雇用や年功型の賃金体系は,過去の産物として語られることが多い。本講義では,まず日本的雇用システムとは何であったのかについて,その形成過程から論じ,そこに内包されてきた問題を検討する。同時に,賃金制度,技能育成のあり方,労使関係について,先進諸外国の実態と比較することで,日本的特質を明らかにする。そのうえで,今日,日本型雇用慣行が質的にどう変わりつつあるのかを議論し,今後の労使関係,雇用慣行を展望する。 
Previously Japanese employment practice has contributed greatly to Japan’s international competitiveness, but its balance is being upset. Due to increase of fixed-term and short-term employees, companies introduce performance-based or evaluation/result-based pays. Many people state that stable long-term employment and seniority system are legacy of the past. In this class, students will discuss previous Japanese employment system’s essence, formation, and issues it brought. At the same time, students will compare Japan with other developed nations in terms of salary system, skill cultivation, and labor-employment relationship to clarify characteristics found in Japan. Furthermore, students will discuss gradual qualitative changes in Japanese employment practice and forecast future labor-employment relationship and employment practice. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 参加者による報告,議論(1) 
3. 参加者による報告,議論(2) 
4. 参加者による報告,議論(3) 
5. 参加者による報告,議論(4) 
6. 参加者による報告,議論(5) 
7. 参加者による報告,議論(6) 
8. 参加者による報告,議論(7) 
9. 参加者による報告,議論(8) 
10. 参加者による報告,議論(9) 
11. 参加者による報告,議論(10) 
12. 参加者による報告,議論(11) 
13. 参加者による報告,議論(12) 
14. 全体総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義のなかで適宜指示する 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告および発言を総合的に評価する(100%)
テキスト
Textbooks
テキストは参加者と相談して決める。
参考文献
Readings
講義のなかで適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP