シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA316/労働経済特論2
(Special Lecture on Labor Economics 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
グローバル化と労使関係の変化 
担当者 (Instructor) 首藤 若菜(SHUTO WAKANA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) X108(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5420 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) QA334労働経済特殊講義2と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) KA316 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバル化に対応した労使関係の枠組みについて議論し,理解を深める。 
Students will deepen their understanding by discussing globalized labor-employment relationship framework. 
授業の
内容
Course
Contents
経営のグローバル化が進展する一方で,労働組合による国際連帯の強化が叫ばれて久しいが,日本の多くの労働組合は,未だ一国的な活動にとどまっている。本講義では,企業のグローバル化と労働組合の一国的運動という労使間のズレが何をもたらすのか,議論する。そのうえで,欧州を中心に,多国籍企業に対する社会的規制や労働組合のネットワークの拡大のケースを考察し,グローバル化に対応した労使関係のあり方を検討したい。 
As globalization of management is progressing, labor unions are called to fortify their international solidarity. Nevertheless, many Japanese labor unions are still active only in Japan. In this class, students will discuss countrywide labor-employment gap between globalization of corporations and stagnated globalization of labor unions. In addition, students will focus on Europe when analyzing social regulations on multi-national corporations and labor unions’ expanding network. Students will discuss about how the labor-employment relationship in response to globalization should be. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 参加者による報告,議論(1) 
3. 参加者による報告,議論(2) 
4. 参加者による報告,議論(3) 
5. 参加者による報告,議論(4) 
6. 参加者による報告,議論(5) 
7. 参加者による報告,議論(6) 
8. 参加者による報告,議論(7) 
9. 参加者による報告,議論(8) 
10. 参加者による報告,議論(9) 
11. 参加者による報告,議論(10) 
12. 参加者による報告,議論(11) 
13. 参加者による報告,議論(12) 
14. 全体総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業のなかで適宜指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告および発言を総合的に評価する(100%)
テキスト
Textbooks
テキストは参加者と相談して決める。
参考文献
Readings
授業のなかで適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP