シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA343/現代企業特論1
(Special Lecture on the Contemporary Firm 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
イノベーションと企業家精神 
担当者 (Instructor) 関 智一(SEKI TOMOKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) QA347現代企業特殊講義1と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) KA343 



授業の
目標
Course
Objectives
経済学における企業家機能に関する諸議論をもとに,現代企業における企業家の役割を明らかにする。企業家機能を近郊の破壊と利潤創造に求めようとしたシュンペーター,それを否定し不均衡の発見と修正求めたカーズナーなど,とくに対立する概念や議論を基に,企業家機能の本質理解に努める。 
Students will refer to various debates about entrepreneurship in economics to clarify their roles in modern enterprises. Schumpeter tried to find entrepreneurship in equilibrium destruction and profit creation. Disagreed with this statement, Kirzner sought discovery and correction of disequilibrium. Students will seek to understand essence of entrepreneurship especially based on such antagonistic concepts and debates. 
授業の
内容
Course
Contents
まずは,イノベーションにおける企業家精神の役割を手掛りに,経済学における企業家機能の位置づけを確認する。つづいて,企業家機能に関するさまざまな理論的解釈を検討し,企業家機能の解明を目指す。イノベーションの基本的理解においては,青木・伊丹(1985)の「イノベーションと企業家精神」の論考を中心に理解を深める。 
First, students will locate entrepreneurship in economics by approaching the subject through functions of entrepreneur spirit in innovation. Next, students will discuss various theoretical interpretations of entrepreneurship to clarify the subject. Students will acquire basic understanding about innovation by focusing on arguments found in Innovation and Entrepreneurship (Aoki, Itami 1985). 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 企業のイノベーション機能 
3. イノベーションの本質および技術の本質 
4. イノベーションへの誘因 
5. イノベーションに必要なインプット 
6. イノベーションと企業組織 
7. 経済学における企業家の無用化 
8. 聖なる企業家像~シュンペーターの企業家論 
9. 企業家と危険負担~危険負担と企業組織 
10. 企業家即仲介人~カーズナーの企業家論 
11. 不確実性と企業家~ナイトの企業家像 
12. 企業組織の成長~ペンローズの企業家像 
13. 企業家論の系譜 
14. 結論と課題 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習の指示は履修登録完了後にBlackboard上にて履修者に対して行う。各自確認して予習すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(40%) 、報告(30%) 、発言(30%)
備考(Notes)
単位取得のためには75%(3/4以上)の出席を必要とする。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 池本正純  『企業家とはなにか』   八千代出版  2005  4842913414 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 青木昌彦・伊丹敬之  『企業の経済学』   岩波書店  1985  4000043250 
2. ボーモル  『自由市場とイノベーション』   勁草書房  2010  4326503421 
3. 關智一  『イノベーションと内部非効率性』   白桃書房  2017  4561267026 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP