シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA418/税法特論2
(Special Lecture on Enterprise Taxation 2)  
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
会計基準の複線化と法人税法の対応 
担当者 (Instructor) 坂本 雅士(SAKAMOTO MASASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) G5時限(Period G5) 4256(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5920 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) QA356税法特殊講義2と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) KA418 



授業の
目標
Course
Objectives
税法特論1に続き、租税法の観点から会計基準の複線化に係る論点を提示し、今後の方向性を考える。 
Following Problems of Enterprise Taxation 1, professor will show arguments related to double accounting standards from tax code perspective. Students will then think about their future trends. 
授業の
内容
Course
Contents
会計基準の複線化に対して、これまで法人税制は是々非々で対応してきたが、今後、個別財務諸表に適用される会計基準について、さらにコンバージェンスが進むか、あるいはIFRSの適用が認められた場合、どのような問題が生じるのであろうか。本講義では、解釈論と立法論の観点から検討する。 
Corporate tax system has dealt with double accounting standards fair and square until now. Will further convergence be observed? Or will IFRS application be approved? What will happen to accounting standards applicable on individual financial statements? In this lecture, students will discuss these from perspective of interpretation and legislation theories. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 企業結合とのれん 
3. リース税制 
4. 非上場企業の会計と税務 
5. 公正処理基準の判定に係る問題(1) ‐学説にみる2つの解釈論‐ 
6. 公正処理基準の判定に係る問題(2) ‐裁判例にみる公正処理基準の解釈‐ 
7. 公正処理基準の判定に係る問題(3) ‐大竹貿易事件(1993)の影響‐ 
8. 個別規定の解釈に及ぼす影響 
9. 公正処理基準の変容と別段の定め ‐近年の税制改正を俯瞰して‐ 
10. 課税所得計算の基本原則(1) 
11. 課税所得計算の基本原則(2) 
12. 確定決算主義の再検討 
13. 損金経理要件 
14. 税制改正の方向 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(40%) 、報告と議論(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 坂本雅士編  現代税務会計論 第4版   中央経済社  2021   
その他(Others)
初回授業時に指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP