シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/リーダーシップ教育論
(Leadership Education) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 舘野 泰一(TATENO YOSHIKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MBU5000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KM807 



授業の
目標
Course
Objectives
本授業の目標は、企業におけるリーダーシップ開発・教育機関におけるリーダーシップ教育の設計手法を学び、リーダーシップ教育のプログラム開発ができるようになることである。具体的な目標は、(1)リーダーシップ教育の事例を体験・理解する、(2)リーダーシップ教育・リーダーシップ開発に関する基礎理論・基本的概念を理解する、(3)ワークショップの開発手法の理解する、の3つである。 
The purpose of this course is to learn how to design leadership development in companies and leadership education in educational institutions, specifically to understand:
(1) cases of leadership education and leadership development
(2) basic theories and basic concepts related to leadership education and leadership development
(3) how to develop a workshop. 
授業の
内容
Course
Contents
 最初に、リーダーシップ教育・開発に関する実践事例を体験してもらい、その上で背景となる基礎理論・基本的概念について理解する。関連する文献を購読し、ディスカッションすることで理解を深める。
 次に、リーダーシップ教育・開発に関するプログラムを開発し、実践してもらう。実践したプログラムを評価することで、プログラムの改善方法について理解する。
 
First, students experience a leadership program and then understand its underlying theories and basic concepts. Students read and discuss the literature to learn about theory. Next, students develop and practice programs related to leadership education and development, evaluate the program, and understand how to improve it. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. リーダーシップ教育の体験・構造理解 
3. リーダーシップ教育の基本設計(1) 
4. リーダーシップ教育の基本設計(2) 
5. リーダーシップ教育プログラムのプラン検討(1) 
6. リーダーシップ教育プログラムのプラン検討(2) 
7. リーダーシップ教育プログラムのプラン検討(3) 
8. リーダーシップ教育プログラムのプラン検討(4) 
9. リーダーシップ・プログラムの相互フィードバック(1) 
10. リーダーシップ・プログラムの相互フィードバック(2) 
11. リーダーシップ・プログラムの実践・評価(1) 
12. リーダーシップ・プログラムの実践・評価(2) 
13. リーダーシップ・プログラムの評価 
14. 授業全体の振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各授業ごとに、授業内容に関連した課題がだされる。文献の購読や、リーダーシップ・プログラムの開発に関するグループワークを実施する必要がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業期間中の複数回に渡る提出物(30%) 、グループワークの成果(50%) 、授業中の発表・討議・質疑応答(20%)
備考(Notes)
いかなる理由があっても、3回以上欠席した場合は、自動的に単位取得ができなくなるので留意すること。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 中原淳、舘野泰一、高橋俊之   『リーダーシップ教育のフロンティア【研究編】: 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ』   北大路書房  2018  4762830224  
2. 中原淳、高橋俊之、舘野泰一   『リーダーシップ教育のフロンティア【実践編】: 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ』   北大路書房  2018  4762830232  
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP