シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
LA149/惑星物理特論
(Special Topics in Planetary Physics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 亀田 真吾(KAMEDA SHINGO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 4405(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PHY5390 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) RA149惑星物理特論と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) LA149 



授業の
目標
Course
Objectives
惑星物理に関する研究結果を調べ,惑星で起きている物理現象を理解する。 
The aim of this course is to understand the phenomena occurring on planets from the results of research on planetary physics and  
授業の
内容
Course
Contents
惑星に関する教科書あるいは総説論文を読み,最新の研究に向けて準備する。教材は,受講生の研究テーマに応じて選択する。基本的には小惑星に関する物理, 系外惑星に関する話題を扱う。受講生は教材を読み進め,理解が困難な部分については担当教員がサポートする。 
We read textbooks or review papers on the planet, and prepare for the latest research. The materials are selected according to the research theme of the students. Basically, we deal with physics related to asteroids and topics related to exoplanets. Students will read through the materials, and the lecturer will support the parts that are difficult to understand. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 小惑星に関する論文講読(1) 
3. 小惑星に関する論文講読(2) 
4. 小惑星に関する論文講読(3) 
5. 小惑星に関する論文講読(4) 
6. 小惑星に関する論文講読(5) 
7. 小惑星に関する論文講読(6) 
8. 系外惑星に関する書籍講読(1) 
9. 系外惑星に関する書籍講読(2) 
10. 系外惑星に関する書籍講読(3) 
11. 系外惑星に関する書籍講読(4) 
12. 系外惑星に関する書籍講読(5) 
13. 系外惑星に関する論文講読(6) 
14. 系外惑星に関する論文講読(7) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
惑星科学や惑星探査に関する基礎的な知識が求められる。授業前に論文を要約して発表の準備を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
輪読時の参加度(20%) 、輪読時の発表内容(40%) 、各テーマ発表後のレポート(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP