シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
LB101/分析化学基礎特論
(Lecture on Analytical Chemistry) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 宮部 寛志(MIYABE KANJI)
加藤 大(KATO MASARU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 4410(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE5390 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) LB101 



授業の
目標
Course
Objectives
高性能分離分析法(高速液体クロマトグラフィー,ガスクロマトグラフィーやキャピラリー電気泳動法等)の基礎,特徴や基本原理(分離機構等)を理解すると共に,薬学分野におけるそれらの利用について学び,関連する様々な知見を修得する。 
To understand the basics, characteristics, and basic principles (separation mechanisms, etc.) of high-performance separation analysis methods (high-performance liquid chromatography, gas chromatography, capillary electrophoresis, etc.), and to learn about their use in the pharmaceutical field and acquire various related knowledge. 
授業の
内容
Course
Contents
先ず,機器分析法の一つとしての分離分析法の位置付けを概説し,高速液体クロマトグラフィー(HPLC)やガスクロマトグラフィーの基本事項を説明する。次に,分離挙動の解析理論や実験装置の実際面を解説する。その後,更なる高性能高速分離法への展開に関する最近の技術動向を説明する。さらに,キャピラリー電気泳動法について概説すると共に,分子間相互作用解析や界面透過現象解析等への応用について解説する。後半では,薬学について,医薬品やその開発や評価,薬の基準書である日本薬局方とその国際調和について解説する。また,高性能分離分析法の医療応用に関する様々な研究内容を紹介する。 
First, the position of separation analysis as one of the instrumental analysis methods is outlined, and the basics of high-performance liquid chromatography (HPLC) and gas chromatography are explained. Next, the analytical theory of separation behavior and the practical aspects of experimental equipment are explained. This is followed by a discussion of recent technological trends in the development of high-performance, high-speed separation methods. In addition, capillary electrophoresis will be outlined, and its application to the analysis of intermolecular interactions and interfacial permeation phenomena will be explained. In the latter half of the lecture, we will discuss pharmaceutical products, their development and evaluation, and the Japanese Pharmacopoeia, which is a standard document for medicines, and its international harmonization. In the second half of the lecture, we will introduce various researches on medical applications of high performance separation analysis methods. 
授業計画
Course
Schedule
1. 高性能流通式分離分析法の概要 
2. 高速液体クロマトグラフィー 
3. 分離挙動解析理論 
4. 高性能高速分離法への展開 
5. ガスクロマトグラフィー 
6. キャピラリー電気泳動法 
7. 分子間相互作用や界面透過現象の解析 
8. 医薬品の開発と評価 
9. 医薬品やアミノ酸の光学分割 
10. ゾルーゲル法を利用した生体物質固定化カラム 
11. ナノ材料の分析・評価 
12. ナノ粒子分析用HPLCモノリスカラム 
13. ナノ粒子の調製と医療応用 
14. バイオマーカーの探索法と早期診断への応用 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
学部の授業では取り扱わない先端的な話題も取り上げるので,講義内容の予習と復習を行い,学習内容を確実に修得すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
質疑応答等の授業態度(40%) 、小テスト(30%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP