シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
LB108/有機化学基礎特論
(Lecture on Organic Chemistry) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 森本 正和(MORIMOTO MASAKAZU)
山中 正浩(YAMANAKA MASAHIRO)
箕浦 真生(MINOURA MAO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) 4404(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE5490 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) LB108 



授業の
目標
Course
Objectives
有機化学の基本原理を学ぶ。有機反応を理解するうえで重要な基本概念や法則について総復習する。 
Learn the basic principles of organic chemistry. Generally review the basic concepts and laws that are important for understanding organic reactions. 
授業の
内容
Course
Contents
電子の動きに基づき,基本的な反応様式を原理から理解できるように解説する。まず,有機化学反応における電子の動きの基礎を確認したあと,酸・塩基,求核付加反応,求核置換反応,求電子付加反応,求電子置換反応,脱離反応,酸化・還元など様々な有機化学反応について解説し,置換基効果や溶媒効果についても触れる。さらには,有機合成における合成戦略のたて方について解説し,実際の合成報告例の解析を行う。 
The lecturer will explain the basic reaction patterns based on electron movement so that the students will understand it from principle. First, after confirming fundamental electron movement through organic chemical reactions, the lecturer will explain acids and bases, nucleophilic addition reaction, nucleophilic substitution reaction, electrophilic addition reaction, electrophilic substitution reaction, elimination reaction, oxidization and deoxidization, and various other organic chemical reactions, and also touch upon substituent effects and solvent effects. The lecturer will also explain how to plan rational synthetic strategies in organic synthesis. 
授業計画
Course
Schedule
1. 有機化学反応における電子の動きの基礎 
2. 酸と塩基,共鳴効果と誘起効果 
3. 求核付加反応 
4. カルボニル化合物の反応(1) 
5. カルボニル化合物の反応(2)
中間テスト(1) 
6. 求核置換反応 
7. 脱離反応 
8. 求電子付加反応 
9. 求電子置換反応 
10. 酸化と還元
中間テスト(2) 
11. 多段階合成(1):合成戦略のたて方,骨格形成 
12. 多段階合成(2):合成戦略のたて方,官能基形成 
13. 多段階合成(3):合成戦略のたて方,実際の合成報告例の解析 
14. 多段階合成(4):多段階合成まとめ
中間テスト(3) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
学部の授業「有機化学1」および「有機化学2」の内容を事前に復習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
中間テスト1(35%) 、中間テスト2(35%) 、中間テスト3(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
板書・プリント資料・視覚教材(スクリーン投影)を用いる。
演習問題などについて授業中に解説し,フィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP