シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/プレゼンテーション演習 2
(Presentation Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小森 靖(KOMORI YASUSHI)
安田 雅哉(YASUDA MASAYA)
西納 武男(NISHINO TAKEO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 4403(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MAT5080 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) LC082 



授業の
目標
Course
Objectives
数学専攻の大学院生として必要とされるレベルのプレゼンテーション能力,すなわち,自分の研究内容を他の人に正しく伝える能力を身につけることを目的とする。 また,聴衆としてプレゼンテーションを聞いた上で,その内容について数学的コミュニケーションを行うことも目的である。 
The goal will be to acquire the communication skills necessary as a graduate student majoring in mathematics—that is to say, the skills to accurately communicate one’s research contents to others. Likewise, upon listening to a presentation as an audience member, another goal will be to mathematically engage in communication regarding those contents. 
授業の
内容
Course
Contents
まずガイダンスとして, 担当教員より,数学のプレゼンテーションを行う上で基本となる事項を解説する。 次いで,担当教員の模擬プレゼンテーションとそれに対するディスカッションを行う。 その上で,受講者は,数学における諸問題の解法,各自の研究内容,ないし,それに関連した文献紹介を通して,プレゼンテーションの様々なスキルを学ぶ。 また,他の参加者のプレゼンテーションに対して,その内容に対するディスカッションおよびプレゼンテーションに対する批評を行うことで,相互の数学的コミュニケーション能力を高め合う。 
At first, as guidance, the teacher in charge will explain the fundamental points for giving a mathematical presentation. Afterwards, the teacher in charge will give a model presentation and hold a discussion on it. Additionally, the class members will introduce solutions of various problems in mathematics, each of their research contents or the relevant literature, and learn the presentation skills through them. Furthermore, the students will help to improve each other’s mathematical communication skills by discussing the contents as well as criticizing the presentation of the other participants’ presentations. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス/教員による模擬プレゼンテーション 
2. 諸問題の解法(1) 
3. 諸問題の解法(2) 
4. 研究内容の紹介(1) 
5. 研究内容の紹介(2) 
6. 諸問題の解法(3) 
7. 諸問題の解法(4) 
8. 研究内容の紹介(3) 
9. 研究内容の紹介(4) 
10. 文献の紹介 
11. 諸問題の解法(5) 
12. 諸問題の解法(6) 
13. 研究内容の紹介(5) 
14. 研究内容の紹介(6) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
発表用のスライド,および,レジメの作成。 要領は講義において指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
リアクションペーパー (毎回) (30%) 、研究内容のプレゼンテーション (複数回) (50%) 、発表内容に関するレポート (複数回) (20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
講義内で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP