シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
LD102/分子生物学概論
(Introduction to Molecular Biology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 塩見 大輔(SHIOMI DAISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 5509(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS5190 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) RD102分子生物学概論と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) LD102 



授業の
目標
Course
Objectives
原核生物の運動,分裂と細胞形態形成制御機構などを学ぶ。どの制御もタンパク質超分子複合体によって行われており,これらのタンパク質の機能や構造などについて理解を深める。 
Students will learn about regulatory mechanisms of motility, cell division, and morphogenesis in bacterial cells. These are regulated by supramolecular complexes. Students learn the functions and structures of supramolecular complexes. 
授業の
内容
Course
Contents
原核生物の中でもとくに解析の進んでいる大腸菌を中心に講義する。必要に応じて,枯草菌,連鎖球菌,ブドウ球菌、好熱細菌なども紹介する。原核生物の普遍的な運動,細胞分裂,形態形成制御機構や,個々の細胞に特異的な制御機構について講義する。また、最新の関連論文及び総説を輪読し、受講者で討論しながら進める。現象の生物学的な意義だけでなく、実験方法についても学ぶ。 
The lecturer will lecture on prokaryotes, particularly with a focus on the advancing analysis of Escherichia coli. As needed, the lecturer will also introduce Bacillus subtilis, Streptococcus, Staphylococcus, thermophilic bacterium, etc. The lecturer will lecture about the motility, cell division, the regulatory mechanisms of morphogenesis and so on. Additionally, the students will read in turn recent, relevant papers as well as reviews, and discuss with their class members. The students will not only learn about the biological significance of phenomena, but also experimental methods. 
授業計画
Course
Schedule
1. 序論 
2. バクテリア細胞の構造 
3. バクテリア細胞におけるタンパク質の局在 
4. バクテリアの運動 
5. バクテリアの運動 
6. バクテリアの分裂制御 
7. バクテリアの分裂制御 
8. バクテリアの形態形成制御 
9. バクテリアの形態形成制御 
10. 関連論文の紹介と討論 
11. 関連論文の紹介と討論 
12. 関連論文の紹介と討論 
13. 関連論文の紹介と討論 
14. 関連論文の紹介と討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への取り組み,出席態度,発表,リアクションペーパーなど(100%)
テキスト
Textbooks
特になし
参考文献
Readings
特になし
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP