シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
LD111/生物化学特論 1
(Special Topics in Biochemistry 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
DNA複製と合成生物学 
担当者 (Instructor) 末次 正幸(SUETSUGU MASAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 4411(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS6290 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) RD111生物化学特論1と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) LD111 



授業の
目標
Course
Objectives
DNA複製研究から合成生物学までの最先端に触れ,バイオテクノロジー(物質生産から医療まで)の進展について議論する。 
The students will learn about genome research and synthetic biology, research fields in life science that have made remarkable progress, and discuss next-generation life science research.  
授業の
内容
Course
Contents
遺伝情報を複製し,自分自身のコピーを作り出す能力(自己複製能)は生命の根幹をなす特徴の一つである。このため生命は実に巧妙なDNA複製システムを備えている。前半はバクテリアのDNA複製を主とした基礎から最先端までを取り上げる。
DNA研究の進展はまた,新たなバイオテクノロジーに結びつくものである。後半は,バイオテクノロジーの新潮流である合成生物学について紹介するとともに,人工細胞、ゲノム合成、バイオ医療といった,合成生物学の先端と産業応用について紹介する。 
In the first half, the lecturer will explain, from the fundamental parts focusing on replication and repair of genome, which is the blueprints of life, and introduce research developments brought about by the birth of new technology derived from DNA research. In the latter half, the lecturer will explain “synthetic biology,” which attempts to constitutively understand life by experiments to artificially “modify” or “create” biological functions. Synthetic biology is one new trend in life science. The lecturer will take up topics such as artificial cellular research, and medical use of the synthetic biology.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 複製開始 
3. 複製フォーク 
4. 複製終結、分離 
5. 複製の制御、細胞内動態 
6. DNA修復、組換え 
7. 総合討論1 
8. 合成生物学序論 
9. 合成生物学と物質生産 
10. セルフリー合成生物学 
11. 人工細胞、進化工学 
12. ゲノム編集、ゲノム合成、ゲノム移植 
13. 合成生物学とバイオ医療、デザイナー細胞 
14. 総合討論2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
レポートの内容は、前半内容と後半内容に関するものの計2回を予定しているので準備しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
レポート1(35%) 、レポート2(35%) 、リアクションペーパー(30%)
テキスト
Textbooks
必要に応じて資料を配付する。
参考文献
Readings
学部で用いた分子生物学,生物化学の教科書。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP