シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB052/相互行為論
(Social Interactionl Theory) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
相互行為論の基本的な考え方 
担当者 (Instructor) 前田 泰樹(MAEDA HIROKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) 7301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC5010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB052 



授業の
目標
Course
Objectives
社会学における相互行為論の基本的な考え方を理解する。  
The purpose of this class is to understand the basic ideas of social interactions in sociology.   
授業の
内容
Course
Contents
この講義では、現在の相互行為研究の潮流である、E.ゴフマンの著作およびエスノメソドロジー・会話分析について検討する。また、参加者の関心に従って、具体的な事例分析の検討を行う機会を設ける予定である。 
In this class, we will explore contemporary directions of studies of social interactions, including E. Goffman's work, Ethnomethodology and conversation analysis. We will also set up opportunities for case analysis according to the participants' interests. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献の報告・事例の検討 
3. 文献の報告・事例の検討 
4. 文献の報告・事例の検討 
5. 文献の報告・事例の検討 
6. 文献の報告・事例の検討 
7. 文献の報告・事例の検討 
8. 文献の報告・事例の検討 
9. 文献の報告・事例の検討 
10. 文献の報告・事例の検討 
11. 文献の報告・事例の検討 
12. 文献の報告・事例の検討 
13. 文献の報告・事例の検討 
14. 全体のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
該当文献を精読し、論点・疑問点を整理して、授業に参加すること。その他必要に応じて、授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加の積極性(50%) 、報告・発表内容(50%)
テキスト
Textbooks
授業時に指示する。
参考文献
Readings
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP