シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB060/産業・労働社会学
(Sociology of Work) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 李 旼珍(LEE MINJIN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5308(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC5010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB060 



授業の
目標
Course
Objectives
近年の産業・労働社会学分野における諸研究で展開されている諸議論を検討し,理解する。 
Students will review and understand the latest studies as well as classical ones of the industrial and labor sociology. 
授業の
内容
Course
Contents
産業・労働社会学において議論されている諸テーマ,すなわち雇用形態の多様化,非典型労働,労働市場における流動性と転職、働き方における柔軟性,長時間労働とワーク・ライフ・バランス問題,仕事の自律性と裁量労働,成果主義とモチベーション,サービス労働、感情労働、仕事におけるジェンダー不平等問題,若者の労働志向,外国人労働者、非正規労働者の労働運動,社会運動ユニオニズムなどについて議論し,理解を深める。授業では,これらのテーマに関する諸文献を講読し,議論する。講読文献は,初回で参加者と相談して決める。 
Studies of the industrial and labor sociology have dealt with many topics, for example, motivation to work, autonomy and control at work, internal labor market system, industrial relations, emotional labor, irregular types of employment, performance-based pay system, flexible work system, overwork problem and work-life balance, gender inequality at work, foreign workers problem, social movement unionism and so on. Students will read and discuss studies which examines some of above-mentioned topics.  
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction:講読文献の紹介 
2. 文献講読及びディスカッション 
3. 文献講読及びディスカッション 
4. 文献講読及びディスカッション 
5. 文献講読及びディスカッション 
6. 文献講読及びディスカッション 
7. 文献講読及びディスカッション 
8. 文献講読及びディスカッション 
9. 文献講読及びディスカッション 
10. 文献講読及びディスカッション 
11. 文献講読及びディスカッション 
12. 受講生の研究発表 
13. 受講生の研究発表 
14. 講読諸文献に関する総括ディスカッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で講読予定の文献を読んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(30%) 、授業内発表(50%) 、研究発表(20%)
テキスト
Textbooks
初回で提示する。
参考文献
Readings
授業時に随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP