シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB071/調査計画法
(Research Design) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
社会調査入門 
担当者 (Instructor) 高木 恒一(TAKAGI KOICHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) 6202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC5010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB071 



授業の
目標
Course
Objectives
社会調査を実施する際の基本的な事項を理解し、実査に活用できるようにする。専門社会調査士科目(H)に該当する。 
The purpose of this class is to provide students with an understanding of the basics of social research so that they can apply them in actual research. 
授業の
内容
Course
Contents
社会調査の基本的な考え方及び各種調査手法の特徴を学んだうえで、仮説の構築から調査の企画・設計からデータの収集・整理,集計・分析、調査結果のまとめに至る方法を取得する。あわせて調査倫理についても学ぶ。先行研究や学説を考慮した上で適切な調査を企画・実施できるようになることを目標とする。 
Participants will learn the basic concepts of social research and the characteristics of various research methods. Also, students will acquire methods for constructing hypotheses, planning and designing surveys, collecting and organizing data, analyzing and summarizing survey results. The goal is to be able to plan and conduct appropriate surveys in consideration of previous research and theories.
 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 社会調査とは(1) 
3. 社会調査とは(2) 
4. 調査企画 
5. 仮説構築 
6. 調査票調査の実際(1):調査票の設計とワーディング 
7. 調査票調査の実際(2):サンプリング 
8. 調査票調査の実際(3):データの整理・入力・データクリーニング 
9. 調査票調査の実際(4):データ集計・整理 
10. ヒアリング調査の実際(1):調査項目の整理、対象者の選定と関係形成 
11. ヒアリング調査の実際(2):データの整理 
12. 調査データから論文へ 
13. 調査倫理について 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
質的・量的調査を問わず、社会調査データを用いた優れた先行研究を多数読んでおくこと。文献は授業内でも適宜紹介する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業内提出物(30%) 、講義への参加度(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 森岡清志編  『ガイドブック社会調査第2版』   日本評論社  2007  978-4535582460 
その他(Others)
参考文献
Readings
参考文献は授業時に提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP