シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB082/プロジェクト研究A2
(Research Project A2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
国際的な人の移動と交流/日本とフィリピン・バングラデシュ間の事例
(Global Migration and Transnational Relations: A Case of Japan and Philippines/ Bangladesh) 
担当者 (Instructor) 野呂 芳明(NORO YOSHIAKI)
水上 徹男(MIZUKAMI TETSUO)
中山 由佳(NAKAYAMA YUKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) 1103(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC5040 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB082 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバルな人の移動が進展する中で形成されたエスニック・コミュニティの変貌やホスト社会への影響などを調べる。また、一定期間の外国滞在後に帰国したケースも含めたネットワーク形成のあり方も対象とする。調査の計画や実施、分析、報告書作成などのスキルの向上。実際に調査の計画を立て、経験することで、調査を実施するまでに必要な事項や、分析に至るまでを学ぶ。専門論文の作成にあたって、調査の方法論などを経験的に学ぶことができる。 
This project, entitled “Global Migration and Transnational Networks,” is focused upon Japan- Bangladesh, Japan-Philippines relations, and supported from the “Asian People’s Friendship Society”, the so-called APFS (non-profit organizations). This is a pioneering type of graduate program integrating research by professional sociologists and graduate students’ training in sociology. We will examine the international migration trends relating to Japanese society, and characteristics of contemporary ethnic communities. Additionally, we also undertake some research into the impact on the host society as well as on the migrants’ country of origin. Thus the research covers the network formation, that is the case of returning to homeland after staying foreign lands for a certain period of time. Our stance is from empirical research, gathering data from actual society. Students are expected to improve their skills in survey planning and quantitative and qualitative data analyses for completing research reports. 
授業の
内容
Course
Contents
本プロジェクト授業は、日本の大都市で形成されたエスニック・コミュニティの変貌やホスト社会への影響などを調べる。とくに国内のエスニック・コミュニティと帰還者とのトランスナショナルな絆、移住者を送出した国(フィリピンやバングラデシュ)の変化、日本と海外の都市をつなぐような活動をしている組織等、例えば外国人居住者支援にかかわるNGOを通じて、聞き取り調査や国内でのフィールドワークを実施する。外部予算の獲得等、条件が整えば、マニラあるいはダッカでのフィールドワークも計画する。日本における多様なタイプの定住形態の類型化や、日本からの帰還者がいかに日本とかかわるか等、実証データの収集を行う。 
Contemporary metropolises have become embedded with various types of migrants, and current debate of “transnational migrants” emphasizes that migrants live in the interconnections with more than one nation state, or continuously keep their links with homelands, while living in the foreign host community. Our focus of the research is Japan-Bangladesh, Japan-Philippines relations, gathering data by conducting intensive interviews with migrants from Bangladesh and Philippines as well as returnees from Japan. Each student studies Sociological theories and methods from the topic of global migration and resultant settlement patterns.  
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス: 秋学期の進め方およびフィールドワークのスケジュールなど 
2. インタビューおよび質問票調査の検討I 
3. インタビューおよび質問票調査の検討II 
4. 実地調査(国内)I: フィールドワークおよびインタビュー、質問票調査を実施 
5. 実地調査(国内)II 
6. 実地調査(バングラデシュ)I: フィールドワークおよびインタビュー、質問票調査を実施 
7. 実地調査(バングラデシュ)II 
8. データ検証I 
9. データ検証II 
10. データ検証III 
11. 中間報告I 
12. 中間報告II 
13. 報告書作成I 
14. 報告書作成II 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
調査の方法論や調査倫理および社会学の基礎理論について、予め学習していることが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
研究報告や調査活動(40%)
テキスト
Textbooks
プロジェクト研究A1参照。
適宜指示する。
参考文献
Readings
プロジェクト研究A1参照。
適宜指示する。また、授業内でプリントを配布する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
プロジェクト研究A1を履修・修得していること。
対面での授業を原則とするが、コロナ感染の広がり等を考慮し、随時オンライン授業に切り替えて実施する。
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP