シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB087/プロジェクト研究D1
(Research Project D1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
統計的社会調査の計量分析と国際比較
 
担当者 (Instructor) 村瀬 洋一(MURASE YOICHI)
中澤 渉(NAKAZAWA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC5040 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB087 



授業の
目標
Course
Objectives
計量社会学と統計的社会調査について理解することが主な目的である。各国における社会構造や具体的な社会変動について,最新の研究動向を把握しつつ,計量手法を用いた実証的な社会学研究の考え方を理解する。その上で,各自が何らかの調査データを用いてデータ分析を行い,実証研究を進める基礎的能力を身につける。  
The purpose of this course is to understand quantitative sociology and statistical social survey methodology. Understand the latest research trends on social structures and social changes in each country. Then, understand the concept of empirical sociological research using quantitative methods. Next, students will acquire the basic ability to conduct empirical research by quantitative data analysis with using some survey data. 
授業の
内容
Course
Contents
まず先行研究を読み, 実証的な不平等研究や社会階層研究について発表と討論を行う。とくに社会階層とネットワークの実証研究や,信頼研究について,最近の研究動向と分析に触れる。その後,受講者が実際に国際調査のデータファイルを分析し,その結果をもとにした討論も行う。データファイルは教員が持っている物の他,各種のデータアーカイブで入手可能である。自分で独自の実証研究を行うための訓練は重要である。無作為抽出を伴う本格的な社会調査と,不平等に関する実証研究の意義を理解し,データ分析により研究成果を出すための学問的方法の習得を重視する。多変量解析の実習を中心に行う。 
First, we will read the previous research, and we will have presentations and will discuss empirical research of inequality and social stratification. Students learn about recent research trends and analysis, particularly on empirical research of social stratification, social networks in society. Next, students analyze data files of international surveys, and discuss the results. Students can use data files provided by the professor and those from various data archives. Training for conducting their original empirical research is important. Emphasis will also be placed on understanding the significance of large-scale social survey research with random sampling, and empirical research on inequality. The acquisition of academic methods to produce research results by data analysis is also important. The main content is practice of the multivariate analysis. 
授業計画
Course
Schedule
1. 社会からデータをとる方法とデータ分析法の基礎 
2. 計量社会学と実証分析の問題点 
3. コウディングと職業分類 
4. 尺度構成法、調査票の作成 
5. 社会移動と階層意識 
6. データ分析について1 
7. データ分析について2 
8. 多変量解析1 
9. 分析結果の中間発表 
10. 多変量解析2 
11. 多変量解析3 
12. 多変量解析4 
13. 学術論文の発表 
14. 分析結果の発表会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
テキスト2冊の第1章は講義開始前に読んでおくこと。毎回,十分に準備し復習すること。また,学部レベルの基礎的な社会統計学や社会調査法に関しては,事前に各自の自主的努力により習得しておくことが重要。また,講義開始後に指定された『社会調査演習』各章の,作業と問題をやってくること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業内の課題(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 原純輔・海野道郎  『社会調査演習 第2版』   東京大学出版会  2004  978-4130520195 
2. 村瀬洋一他編  『SPSSによる多変量解析』   オーム社  2007  978-4274066269 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 狩野 裕・三浦 麻子  『グラフィカル多変量解析 ―AMOS,EQS,CALISによる目で見る共分散構造分析』   現代数学社  2002  978-4768702840 
2. 豊田 秀樹  『共分散構造分析 Amos編―構造方程式モデリング』   東京図書  2007  978-4489020087 
3. 豊田 秀樹  『共分散構造分析 数理編 ―構造方程式モデリング』   朝倉書店  2012  978-4254127973 
4. 筒井 淳也 他編  『計量社会学入門』   世界思想社  2015  978-4790716716 
5. 数土 直紀 編  『格差社会の中の自己イメージ』   勁草書房  2018  978-4326603046 
6. 新 睦人・盛山 和夫 編  『社会調査ゼミナール』   有斐閣  2008  978-4641173484 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
村瀬研究室ホームページに情報を掲載する。
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/murase/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP