シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB088/プロジェクト研究D2
(Research Project D2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
統計的社会調査の計量分析と国際比較 
担当者 (Instructor) 村瀬 洋一(MURASE YOICHI)
中澤 渉(NAKAZAWA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 9203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC5040 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB088 



授業の
目標
Course
Objectives
計量社会学と統計的社会調査の方法と,国際比較の問題点について理解する。春学期よりも高度な分析法に取り組み,その上で,各自が何らかの調査データを用いてデータ分析を行い,何らかの調査実習も行う。その上で,各自が分析結果をもとに実証研究を進める基礎的能力を身につける。 
The purpose of this course is to understand the methods of quantitative sociology and statistical social survey methodology, and the problems of international comparison. Students will study hire level analysis than in the previous semester. Students will then use social survey data to analyze the data. Students will also exercise survey research. Finally, students will learn the basic ability to carry out empirical research based on the statistical analysis. 
授業の
内容
Course
Contents
まずデータ分析実習を行い,統計的な社会調査の実習も行う。次に,実際にISSP調査など国際調査のデータファイルを分析し,その結果をもとにした討論も行う。建設的な批判的精神を持ち,真実とは何か自分で判断できる能力を修得することが大切。また,分析結果をもとに, 独自の成果を発表する能力を習得する。明確な目的と仮説を作った上で,結論部にて,独自の発見を主張することが大切である。理論と実証の往復を実践する。 
First, students will practice data analysis and then practice statistical social survey research. Next, we will analyze the data files of the international social survey such as ISSP, and will discuss based on the results. It is important for students to have a constructive critical mind and to have the ability to judge what the truth is. Students will also acquire the ability to present their own outcomes based on the analysis results. It is important for students to make clear research purposes and hypotheses, and then present their own findings in the conclusion section. In this course, we will practice a round trip between theory and empirical research. 
授業計画
Course
Schedule
1. 社会からデータをとる方法について 
2. 無作為抽出法 
3. 多変量解析1 
4. 多変量解析2 
5. 構造方程式モデル1 
6. 構造方程式モデル2 
7. 分析結果の中間発表 
8. 因果推論について1 
9. 因果推論について2 
10. 統計的社会調査について1 
11. 統計的社会調査について2 
12. 学術論文の発表 
13. 分析結果をもとに討論1 
14. 分析結果をもとに討論2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回,テキストをよく読んでくること。『社会調査演習』各章の,指定された部分の作業と問題をやってくること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業内の課題(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 原純輔,海野道郎  『社会調査演習 第2版』   東京大学出版会  2004  4130520199 
2. 村瀬洋一他編  『SPSSによる多変量解析』   オーム社  2007  978-4274066269 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 田辺 俊介編著  『日本人は右傾化したのか―データ分析で実像を読み解く』   勁草書房  2019   
2. 土場 学他  『社会を“モデル”でみる―数理社会学への招待』   勁草書房  2004   
3. 盛山 和夫  『経済成長は不可能なのか―少子化と財政難を克服する条件』   中央公論新社  2011   
4. 蒲島 郁夫・竹中 佳彦  『現代政治学叢書8 イデオロギー』   東京大学出版会  2012   
5. 辻 竜平他  『ソーシャル・キャピタルと格差社会―幸福の計量社会学』   東京大学出版会  2014   
6. 筒井 淳也他編  『計量社会学入門 ―社会をデータでよむ』   世界思想社  2015   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
村瀬研究室ホームページ参照
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/murase/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP