シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB720/産業・労働社会学演習
(Seminar: Sociology of Work and Employment) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
英語圏ジャーナルの労働研究理解 
担当者 (Instructor) 李 旼珍(LEE MINJIN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5308(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB720 



授業の
目標
Course
Objectives
英語圏ジャーナルにおける経済・経営システム,労働,雇用,労使関係に関する最新の議論を検討・理解する。 
Students will review and understand the latest studies on topics such as new economy and management system, employment, and industrial relations which are discussed in English journals. 
授業の
内容
Course
Contents
経済・経営システム,労働,雇用,労使関係に関する英語圏ジャーナルの論文を講読し,最新の議論や論点を検討する。以下のジャーナルから最近の論文を選定し,講読する。
American Journal of Sociology,
American Sociological Review,
British Journal of Industrial Relation,
Capital and Class,
Economic and Industrial Democracy,
Labor Studies Journal,
Work, Employment and Societyなど。
授業では,英語圏ジャーナルにおける最新の議論の理解のみならず,日本の経済・経営システム,労働・雇用状況に照らし合わせ,その議論の適用可能性や意味合いについても議論していきたい。 
Students will review and understand the latest studies on topics such as economy and management system, employment, and labor-management relations which are discussed in English journals. Students will read the latest papers from the following journals.
American Journal of Sociology,
American Sociological Review,
British Journal of Industrial Relation,
Capital and Class,
Economic and Industrial Democracy,
Labor Studies Journal,
Work, Employment and Society, etc.
In this class, students are able to understand the latest arguments discussed in English-speaking countries and areas and also to consider implications of these arguments for Japanese economy, society, and workers. 
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction:講読諸論文の紹介 
2. 論文講読及びディスカッション 
3. 論文講読及びディスカッション 
4. 論文講読及びディスカッション 
5. 論文講読及びディスカッション 
6. 論文講読及びディスカッション 
7. 論文講読及びディスカッション 
8. 論文講読及びディスカッション 
9. 論文講読及びディスカッション 
10. 論文講読及びディスカッション 
11. 論文講読及びディスカッション 
12. 受講生の研究発表及びディスカッション 
13. 受講生の研究発表及びディスカッション 
14. 講読諸論文に関する総括ディスカッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で講読予定の英語論文を授業前までに読んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内報告(50%) 、研究発表(20%) 、ディスカッションへの参加(30%)
テキスト
Textbooks
初回の授業にて提示する。
参考文献
Readings
授業時に随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP