シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB725/地域社会学研究
(Urban and Regional Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
コミュニティ・デザインとまちづくり 
担当者 (Instructor) 西山 志保(NISHIYAMA SHIHO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) X101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC6010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB725 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバル化の中で大きく変容する都市社会の構造や都市政策形成について,最新の研究動向を把握し,実証的な社会学的研究の考えを身につけることを目指す。 
Structures of urban society and formation of city policies are changing drastically amidst globalization. Students will grasp the latest research trends of these and acquire the empirical methods for sociological research. 
授業の
内容
Course
Contents
日本でも,人口減少が現実のものとなり,年金,社会保障,都市交通など,これまでの社会システム自体の再構築が求められている。長期にわたる経済的低迷のために,国家も地方自治体も深刻な財政危機に陥り,積極的な事業展開は難しい。本講義では,欧米で注目されているshrinking city(縮小)論や創造都市論などの都市政策の議論を検討すると同時に,新たなコミュニティづくりの可能性について、コミュニティ・デザインなどの視点から考察する。 
In Japan, declining population is a fact. Reconstruction of existing social system is necessary, including pension, social security, and city transport. Due to long-term economic underperformance, the country and local governments are facing deep financial crisis, making proactive business expansion difficult. In this class, students will discuss city policies such as shrinking city and creative city currently under spotlight in Europe and US. Students will study potential of community creation through perspective of community design. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献講読(1) 
3. 文献講読(2) 
4. 文献講読(3) 
5. 文献講読(4) 
6. 文献講読(5) 
7. 文献講読(6) 
8. 中間討議 
9. 文献講読(7) 
10. 文献講読(8) 
11. 文献講読(9) 
12. 文献講読(10) 
13. 文献講読(11) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で指示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ゼミ報告、発言、積極的関与(60%) 、小レポート(40%)
テキスト
Textbooks
講義内で適宜相談
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP