シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND108/国際法特論
(International Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
国際法の基本概念 
担当者 (Instructor) 岩月 直樹(IWATSUKI NAOKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) X108(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND108 



授業の
目標
Course
Objectives
国際法の基本概念について、その歴史、背景、学説の検討を通じて理解を深める。 
The objective of this course is to apprehend in depth the fundamental concepts of international law through the research into their historical circumstances and relevant doctrines. 
授業の
内容
Course
Contents
Max Planck Encyclopedia of Public International Lawに所収される基本概念に関する記事を取り上げ、それを日本語に翻訳する。その際、逐語訳ではなく、その意味内容を適切にふまえた翻訳とするために、どのように訳出するのがよいかを議論する。 
Reporters will prepare a draft translation of target articles published as items in Max Planck Encyclopedia of Public International Law. Participants will discuss and revise the draft in light of the correctness and appropriateness as Japanese text. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献検討1:Sources, Foundations and Principles of International Law 
3. 文献検討2:Statehood, Jurisdiction and Principles of International Law 
4. 文献検討3:Territory 
5. 文献検討4:Diplomacy and Consular Relations 
6. 文献検討5:Law of the Sea 
7. 文献検討6:International Responsibility 
8. 文献検討7:Settlement of Disputes 
9. 文献検討8:Human Rights 
10. 文献検討9:IInternational Economic Law 
11. 文献検討10:International Environmental Law 
12. 文献検討11:International Criminal Law 
13. 文献検討12:Use of Force, War, Peace and Neutrality 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業で扱う対象文献以外にも、関連する論文及び資料について、可能な限りで目を通した上で、授業内での議論の準備を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
担当する報告の内容(50%) 、議論への貢献(50%)
テキスト
Textbooks
適宜、配布あるいは指示する。
参考文献
Readings
適宜、配布あるいは指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP