シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND110/国際経済法特論
(Intenational Economic Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
WTO補助金判例研究 
担当者 (Instructor) 東條 吉純(TOJO YOSHIZUMI)  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND110 



授業の
目標
Course
Objectives
WTO紛争解決制度についての基本的理解を得ること,および,最近のWTO判例の読解を通じて,補助金による産業政策に対するWTO協定上の規律について学ぶこと。
 
This course aims to help students obtain basic understanding of the World Trade Organization's (WTO's) dispute settlement system and learn main regulations on subsidies by reading recent reports of panels and the Appellate Body.  
授業の
内容
Course
Contents
補助金に関する最近のWTO判例を講読します。毎回,受講者による報告とクラス全体の討議を行います。  
This course addresses several important cases regarding subsidy regulation by World Trade Organization (WTO) law. Each student makes a presentation, which is followed by student discussion.  
授業計画
Course
Schedule
1. 授業の概要説明。参加者の研究テーマ共有と授業計画の調整 
2. WTO紛争解決制度の概要確認 
3. WTO補助金判例① 
4. WTO補助金判例① 
5. WTO補助金判例② 
6. WTO補助金判例② 
7. WTO補助金判例③ 
8. WTO補助金判例③
 
9. WTO補助金判例④ 
10. WTO補助金判例④ 
11. WTO補助金判例⑤ 
12. WTO補助金判例⑤ 
13. WTO補助金判例⑤ 
14. 全体総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各回で扱うWTO判例の予習 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への積極的参加・発言(50%) 、授業時の報告・発表(50%)
テキスト
Textbooks
授業時に指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP