シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND113/民法研究 B
(Civil Law B1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現代社会と民法・消費者法 
担当者 (Instructor) 原田 昌和(HARADA MASAKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND113 



授業の
目標
Course
Objectives
現代社会における民法・消費者法の意義について検討する。 
The objective of this course is to research the significance of Civil Law and Consumer Law in contemporary society.  
授業の
内容
Course
Contents
民法に関する基礎的文献(著名な学者の論文や報告書)を講読する。具体的な購読文献は、受講者の希望を聞いたうえで決定する。担当者は、担当部分のレジュメを事前に用意し、当日は、それに基づいて内容を検討する。他の参加者は適宜質問をし、共同で議論を行う。 
Students will read the fundamental literature about Civil Law. The specific material will be decided upon listening to student requests. Students in charge of a particular section of the reading will prepare a summary in advance and use that to examine the details on the day of class. Other participants will ask questions as needed to jointly discuss the reading. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献講読1 
3. 文献講読2 
4. 文献講読3 
5. 文献講読4 
6. 文献講読5 
7. 文献講読6 
8. 文献講読7 
9. 文献講読8 
10. 文献講読9 
11. 文献講読10 
12. 文献講読11 
13. 文献講読12 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
購読文献は必ず事前に通読してくること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(50%) 、討論内容(50%)
テキスト
Textbooks
初回授業において、協議の上決定する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP