シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND114/民法特論 B
(Civil Law B2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
契約法と現代社会 
担当者 (Instructor) 山口 敬介(YAMAGUCHI KEISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 6211(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND114 



授業の
目標
Course
Objectives
現代社会における契約の諸問題について、理解を深めることを目標とします。 
The aim of this course is to promote better understanding of problems related to the contract law in modern society . 
授業の
内容
Course
Contents
契約法は人々が契約により新たな社会の仕組みをつくることを支える役割を果たしています。
この授業では、①現実に利用されている契約書や約款を調査し、それがどのような問題をどのように解決しようとしているのか考えること、②ある社会問題を契約によって解決するにはどうすればよいのかを考えることを目標とします。
講義の具体的なテーマに関しては第1回目の授業の際に決定するので、受講者は必ず第1回目の授業に出席してください。 
The contract law supports us to design and implement new social frameworks by means of contracts.
The aim of this course is (ⅰ) to research contracts including standard form contracts which are actually used and analyze how they address the underlying problems, and (ⅱ) to consider how we can solve a social problem by contracts.
The specific topic of the lecture will be decided during the first lecture, so students should make sure to attend the first lecture. 
授業計画
Course
Schedule
1. 受講者との打ち合わせ 
2. 報告1 
3. 報告2 
4. 報告3 
5. 報告4 
6. 報告5 
7. 報告6 
8. 報告7 
9. 報告8 
10. 報告9 
11. 報告10 
12. 報告11 
13. 報告12 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回及び2回目の授業で研究対象を決定します。毎回の報告では、担当者がレジュメの他、関連文献を用意し、その他の受講者はそれらを熟読して議論の準備をして授業に臨みます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(50%) 、討議内容(50%)
テキスト
Textbooks
第1回の授業で相談の上、決定します。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP