シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND118/民事訴訟法特論
(Civil Procedure 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
民事訴訟法に関する外国語文献講読 
担当者 (Instructor) 内海 博俊(UCHIUMI HIROTOSHI)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) X106(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND118 



授業の
目標
Course
Objectives
民事訴訟法に関する近時の外国語論文の講読を通じて,外国の民事手続に関する初歩的理解を得るとともに,日本法のありようを相対化する視点を獲得すること。 
The objective of this course is to achieve a rudimentary understanding of Civil Procedures in foreign countries by reading recent foreign language papers about Civil Procedure while acquiring a perspective which relativizes the state of Japanese law. 
授業の
内容
Course
Contents
 本講義では,民事手続法に関する近時の外国語文献を参加者で講読し,現地における議論状況を体感しつつ、日本の民事手続法について外在的な視点から眺めることによってその理解を深めることを目指す。したがって、単なる文献講読に止まらず,そこで議論されている問題が日本ではどのように位置づけられ議論されているのか/いないのかといった点について,参加者間で討論することにも主眼を置く。
 なお,参加者の関心及び外国語(英語又はドイツ語を想定するが、最終的には参加者のニーズを踏まえて決定する)読解能力に応じ、教材・進行方法を調整する必要があるので、参加の意思がある者は、開講前に担当教員にコンタクトすること。 
In these lectures, participants will read recent foreign-language literature about civil procedural law to get a sense of the discussion happening overseas while deepening their understanding of Japan's civil procedure by viewing it from an external perspective. Therefore, students should not simply stop with a reading of the literature but focus on debating with the other participants about how the problems discussed in the literature are positioned in Japan and whether or not they are being discussed. Furthermore, please note that the course materials and approach will need to be adjusted according to the interests and foreign language abilities of the participants (anticipating English or German, but the decision will ultimately be based on the needs of the participants), so students who intend to participate should contact the lecturer before taking the course. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 文献講読1 
3. 文献講読2 
4. 文献講読3 
5. 文献講読4 
6. 文献講読5 
7. 文献講読6 
8. 文献講読7 
9. 文献講読8 
10. 文献講読9 
11. 文献講読10 
12. 文献講読11 
13. 文献講読12 
14. 全体を通じた成果の共有 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
外国語文献の読解能力に自信のない者は、事前にその向上に努めること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席と議論への貢献(50%) 、報告の質(50%)
テキスト
Textbooks
コピーを配布する予定
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP