シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND120/知的財産法特論
(Intellectual Property Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 長谷川 遼(HASEGAWA RYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5212(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND120 



授業の
目標
Course
Objectives
 知的財産法に関する最新判例の分析を通して、最先端の議論を追い、実務的問題も検討する。 
The aim of this course is to engage in cutting-edge discussion and to consider practical issues through analysis of the latest judicial precedents concerning Intellectual Property Law. 
授業の
内容
Course
Contents
 まず、知的財産法の論点について簡単な講義を行う。その後、報告者が、当該論点に関わる比較的新しい裁判例を題材として、学術論文や関連裁判例も調査した上で、発表を行う。その上で、参加者全員で議論を行う。
 知的財産法は、発展的かつ法領域横断的な分野である。どこまでが、民法・刑法・手続法・行政法等の基本的な法領域の議論に還元できるのか、どこからが知的財産法に特殊な問題なのか、といった点が、未だ十分に明らかにされているとは言えない。また近時は、憲法、競争法、労働法といった領域との交錯も強く意識されている。したがって、他の分野を専攻する者にとっても、知的財産法の議論の参照は有益なものになると思われる。知的財産法を専攻する学生は勿論、多様なバックグラウンド・関心を持った学生の参加を期待している。 
First, the instructor presents a simple lecture about the arguments of Intellectual Property Law. Next, student presenters use comparatively new court precedents on relevant arguments as subject matter to research academic papers and related court precedents to give a presentation. Following presentations, all students engage in discussion.
 Intellectual Property Law is developing rapidly and cuts across legal domains. One cannot say that questions such as to what extent issues can be reduced to discussions in the fundamental legal domains of Civil Law, Criminal Law, Procedural Law, Administrative Law, etc. and from what point do problems which are specific to Intellectual Property Law start have been sufficiently clarified. Recently, strong awareness has arisen of the intersection with domains such as the Constitution, Competition Law, and Labor Law. Therefore, referring to discussions in Intellectual Property Law are likely to prove useful to students majoring in other fields. Students majoring in Intellectual Property Law are, of course, welcome, but it is hoped that students with a diverse range of backgrounds and interests will participate. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション・講義 
2. 報告・討論・講義(著作権法1) 
3. 同上(著作権法2) 
4. 同上(著作権法3) 
5. 同上(著作権法4) 
6. 同上(特許法1) 
7. 同上(特許法2) 
8. 同上(特許法3) 
9. 同上(特許法4) 
10. 同上(商標法1) 
11. 同上(商標法2) 
12. 同上(商標法3) 
13. 同上(商標法4) 
14. 同上(不正競争防止法又はパブリシティ権) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 事前に次回までに読み込むべき文献を指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(50%) 、議論への参加(50%)
テキスト
Textbooks
 特になし。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP