シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND122/労働法特論
(Labor Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 島村 暁代(SHIMAMURA AKIYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 秋学期(Fall Semester) 
テキスト用コード (Text Code) ND122 



授業の
目標
Course
Objectives
労働法および社会保障法に関する文献(日本語のものもあれば、外国語のものもありうる)を読み込むことによって、論文の書き方や検討の方法、分析軸の立て方や手法等を確認し、論理的な文章を書くための素養を身につけることを目的とする。  
The purpose of the lecture is to acquire skills of logical writing. The lecture deals with methods of writing essays and approaching or examining issues by deeply reading materiais (in Japanese or in foreign language) on labour law and social security law. 
授業の
内容
Course
Contents
参加者は毎回、事前に指定された文献を丹念に読み込み、周到な準備をすることが求められる。量的にも相当多くなると考えられるので、労働法や社会保障法に強い関心をもつ者の参加を期待する。  
In this lecture, participants will read materiais on labour law and social security law. Participants are required to carefully read the materiais designated in advance and fully prepare for the classes every time. As the preparation is expected to be considerable volume, those who have a strong interest in labour law and social security law are welcomed. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 基礎知識の確認 
3. 文献購読 
4. 文献購読 
5. 文献購読 
6. 文献購読 
7. 文献購読 
8. 文献購読 
9. 文献購読 
10. 文献購読 
11. 文献購読 
12. 文献購読 
13. 文献購読 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
日本の労働法と社会保障法の基本的な仕組みを理解しておくこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(20%) 、出席・発言内容(40%) 、報告内容(40%)
備考(Notes)
2回連続無断欠席、通算3回の欠席の場合は、原則として成績評価の対象としない。
テキスト
Textbooks
講義中に指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP