シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND127/刑事訴訟法研究
(Criminal Procedure 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
比較刑事訴訟法の基礎 
担当者 (Instructor) 川島 享祐(KAWASHIMA KYOSUKE)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) X303(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND127 



授業の
目標
Course
Objectives
刑事訴訟法に関する外国語文献の内容を正確に理解する能力を身につける。 
The purpose of this course is that students gain the art of analyzing articles on the law of criminal procedure written in foreign languages. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業では,いくつかのテーマに関する外国語文献を講読し,その内容について議論する。テーマや文献は,履修者の希望を踏まえて選定する。 
In this class, students read some articles in foreign languages and discuss their contents. Themes and materials are selected with consideration of students’ interests. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 外国語文献講読 
3. 外国語文献講読 
4. 外国語文献講読 
5. 外国語文献講読 
6. 外国語文献講読 
7. 外国語文献講読 
8. 外国語文献講読 
9. 外国語文献講読 
10. 外国語文献講読 
11. 外国語文献講読 
12. 外国語文献講読 
13. 外国語文献講読 
14. 外国語文献講読 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
外国語の読解能力の向上に努めること。
事前に外国語文献を読む際には,単に逐語訳をするのではなく,その内容を正確に理解するとともに,我が国における対応する問題にも目を向けることが求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(50%) 、出席状況及び議論への積極的な参加(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP