シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND129/憲法研究
(Constitutional Law 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
憲法学の主要問題の検討 
担当者 (Instructor) 原田 一明(HARADA KAZUAKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 5126(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND129 



授業の
目標
Course
Objectives
統治機構や人権論などの憲法学をめぐる現代的な諸問題について、各種の文献を講読することで、日本国憲法の解釈論のあり方を精査することを目標とする。具体的テーマとしては、あくまでも一例ではあるが、例えば、議会制度をめぐる理論と実際、戦後史における憲法問題の再検討(安保国会から現在まで)、立憲主義に関する比較憲法的検討、象徴天皇制度のあり方などが挙げられる。 
The objective of this course is to carefully investigate the state of the interpretive theory of the Constitution of Japan by reading various documents about contemporary problems surrounding Constitutional Law such as government organizations and human rights. While the following are merely examples, specific topics might include, for example, the theory and practice regarding the parliamentary system, a re-examination of constitutional problems in postwar history (from the security treaty Diet to the present), a Comparative Constitutional Law examination of constitutionalism, and the state of the system of symbolic monarchy. 
授業の
内容
Course
Contents
受講者との文献講読や受講者による報告に対する質疑を中心に、演習形式で講義を行う。講義の具体的内容については、第1回目の講義の際に決定するので、受講者は、必ず第1回目の講義に出席すること。 
The lectures will be carried out in a seminar format focusing on a reading of the literature with the students and students asking questions about report presentations. The specific lecture contents will be decided during the first lecture, so students should be sure to attend that lecture. 
授業計画
Course
Schedule
1. 受講者との打ち合わせ 
2. 文献の講読(1) 
3. 文献の講読(2) 
4. 文献の講読(3) 
5. 文献の講読(4) 
6. 文献の講読(5) 
7. 文献の講読(6) 
8. 文献の講読(7) 
9. 文献の講読(8) 
10. 文献の講読(9) 
11. 文献の講読(10) 
12. 受講生による報告(1) 
13. 受講生による報告(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回の講義後、適宜次週の講義に向けての課題を指示するので、指定された文献を熟読し、その要約を作成し、さらには関連する論点についての検討を行うなど、事前に十分に予習して講義に臨むことが必要である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業の出席態度(30%) 、授業時の報告や発言内容(70%)
テキスト
Textbooks
受講者と相談のうえ、講読する文献を選択したい。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP