シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND135/経済法研究
(Economic Law 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 早川 雄一郎(HAYAKAWA YUICHIRO)  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 6203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND135 



授業の
目標
Course
Objectives
独占禁止法の基礎理論、及び、独占禁止法で使われる基本的な経済学を習得する。 
The objectives of this course are to learn the fundamental theories of the Antimonopoly Act and the basic economics used in the Antimonopoly Act. 
授業の
内容
Course
Contents
昨今、世界の多くの国で独占禁止法が制定され、その執行が活発化しており、日本企業が外国の独占禁止法に直面するケースも増えている。独占禁止法の理論的基礎は、世界の多くの国で共通する部分が少なくない。そこで、本講義では、独占禁止法の応用可能な理論的基礎の習得を目的として、日本の独占禁止法の母法であるアメリカ反トラスト法の定評のある教科書の講読(担当者が和訳を報告)・検討を行う。
テキストでは、経済学的な話題も登場するところ、それらについても検討を加えるが、経済学の前提知識は要求しない。 
Recently, Antimonopoly Acts are being established and actively enforced in many countries around the world, and the number of cases where Japanese companies are confronted by a foreign Antimonopoly Act is also increasing. The theoretical foundations of the Antimonopoly Acts have quite a few parts in common in many countries around the world. Therefore, students in this lecture will read (student presenters will translate into Japanese and report on) and examine the established textbook on American Antitrust Law, which is the origin of Japan's Antimonopoly Act, for the purpose of learning the applicable theoretical foundations of the Antimonopoly Act.
Although economic topics do appear in the textbook and will be examined, a prerequisite knowledge of Economics is not required. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 文献講読:担当者による報告と討論 
3. 文献講読:担当者による報告と討論 
4. 文献講読:担当者による報告と討論 
5. 文献講読:担当者による報告と討論 
6. 文献講読:担当者による報告と討論 
7. 文献講読:担当者による報告と討論 
8. 文献講読:担当者による報告と討論 
9. 文献講読:担当者による報告と討論 
10. 文献講読:担当者による報告と討論 
11. 文献講読:担当者による報告と討論 
12. 文献講読:担当者による報告と討論 
13. 文献講読:担当者による報告と討論 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
詳細は初回の講義時に指示するが、参加者には、英文テキストの厳密な和訳が求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(50%) 、講義への参加度(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Herbert Hovenkamp  Federal Antitrust Policy 6th   West Academic Publishing  2020  9781684674350 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
初回は対面実施とし以後は履修者との相談により決定 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP