シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND138/法社会学特論
(Sociology of Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
非弁活動(非弁護士の活動)に関する規制の法社会学的研究 
担当者 (Instructor) 濱野 亮(HAMANO RYO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND138 



授業の
目標
Course
Objectives
わが国における非弁護士による法律事務の取扱に関する法制度と判例の現状を理解する。 
The purpose of this class is to read texts on the Japanese regulatory system for unauthorized legal practices. 
授業の
内容
Course
Contents
弁護士72条(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)、27条(非弁護士との提携の禁止)を中心に、わが国における非弁護士による法律事務の取扱いに関する規制の現状と課題について、法社会学の視点から研究する。とりわけ、行政書士の業際問題を一つの焦点として、法律、判例、基本的文献を研究する。行政書士法の基本的な規定についても検討する。 
Students read commentary on the Attorney Act and articles and judicial precedents on unauthorized legal prectices. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 弁護士法72条の解釈(1) 
3. 弁護士法72条の解釈(2) 
4. 弁護士法72条の解釈(3) 
5. 弁護士法72条に関する判例(2) 
6. 弁護士法72条に関する判例(3) 
7. 弁護士法72条に関する判例(4) 
8. 弁護士法72条に関する判例(1) 
9. 弁護士法27条の解釈 
10. 弁護士法27条に関する判例 
11. 行政書士法1条の解釈 
12. 行政書士による弁護士法72条違反に関する判例 
13. 弁護士72条に関する新しい解釈論 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回、テキストに関するレジュメを作成し、提出する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(20%) 、テキストの要約(40%) 、授業中の貢献(40%)
テキスト
Textbooks
資料を準備し、配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 日本弁護士連合会調査室編  条解弁護士法第5版   弘文堂  2019  978-4335357343 
2. 地方自治制度研究会編  詳解行政書士法第4次改訂版   ぎょうせい  2016  978-4-324-10063-9 
3. 遠藤直哉編著  新弁護士業務論   信山社  2019  978-4-7972-8143-9 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP