シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND171/判例研究
(Case Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 内海 博俊(UCHIUMI HIROTOSHI)
長谷川 遼(HASEGAWA RYO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 6205(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP6910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND171 



授業の
目標
Course
Objectives
各履修者の専攻分野についての判例を検討することを通じて、判例研究の手法を習得する。 
The objective of this course is to learn the method behind Case Studies by examining judicial precedents in each student’s major field of study. 
授業の
内容
Course
Contents
 原則として、令和2年度に出された重要判例についての研究を行う。履修者には、報告したい判例を指導教員と相談の上で選択し、当該判例に関連する法分野を担当する本研究科所属の教員複数名出席のもとに、判例研究をしてもらう。評釈のうちのいくつかは、大学院紀要『法学研究』に掲載する予定である。
 法学を専攻する大学院生は、特別の事情がない限り、この科目を履修すること。 
 As a general rule, students will research important judicial precedents released during the 2019 academic year. Students will consult with the advising faculty member to select the judicial precedent that they would like to report on and conduct Case Studies under the supervision of several faculty members affiliated with this graduate course who are in charge of the legal field related to the relevant judicial precedent. Several of the annotations are scheduled to be published in the "Journal of Law" graduate school journal.
 Unless there are extenuating circumstances, graduate school students majoring in Law must take this course. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
3. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
4. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
5. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
6. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
7. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
8. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
9. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
10. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
11. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
12. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
13. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
14. 受講者による判例研究報告及び全員での討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
検討対象の判例(訴訟経過を含む)、解説、評釈等を各自渉猟し、可能であれば、事前に履修者間で議論を行っておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席態度(50%) 、報告および討論の内容(50%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
必要があれば、授業中、その都度指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<授業形態>
演習形式の授業であり,担当者による報告の後,参加者全員によるディスカッションが行われる。

<フィードバック>
授業の各回に担当教員からフィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP