シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND201/現代政治理論研究
(Modern Political Theories 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
[全体主義]の理論史を概観する。
 
担当者 (Instructor) 川崎 修(KAWASAKI OSAMU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND201 



授業の
目標
Course
Objectives
エンツォ・トラヴェルソ著『全体主義』の講読を通じて、「全体主義」の理論史を概観する。 
This course aims for students to read the Japanese translation of ”Il totalitarismo", and to survey the history of the theory of the totalitarianism. 
授業の
内容
Course
Contents
エンツォ・トラヴェルソ著『全体主義』を講読する。余裕があれば、他の文献も取り上げたい。

 
Students mainly read the Japanese translation of “Il totalitarismo" by Enzo Traverso. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 序章・第一章「全体戦争から全体主義へ」 7-26ページ 
3. 第二章「ローマからベルリンへ :全体主義の起源」 27-44ページ 
4. 第三章「パリからニューヨークへ :亡命者と反ファシスト」 45-59ページ 
5. 第四章「第二次世界大戦直前」 61-80ページ 
6. 第五章「反ファシズムとスターリニズム :知識人の反全体主義」 81-91ページ 
7. 第六章「反全体主義と反共産主義 :冷戦」 93-107ページ 
8. 第七章「起源、機能、イデオロギー :概念から理論へ」 109-125ページ 
9. 第八章「ベルリンからバークレーへ :全体主義の凋落」 127-134ページ 
10. 第九章「全体主義と現実の社会主義」 136-147ページ 
11. 第十章「パリに復帰する」 149-157ページ 
12. 第十一章「一九八九年以降、曖昧な復活」 159-166ページ 
13. 第十二章「ナチズムとスターリニズム :全体主義の歴史的比較」・結論 167-191ページ 
14. 総括
 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
報告者は報告の準備をすること。
報告者以外の参加者は当該箇所を必ず事前に読んでくること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
担当報告の内容(50%) 、平常の授業態度(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. エンツォ・トラヴェルソ  全体主義   平凡社  2010  9784582855227 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP