シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND206/日本政治史特論
(Political History of Japan 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本における「戦後」初期の政治家たち 
担当者 (Instructor) 松浦 正孝(MATSUURA MASATAKA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND206 



授業の
目標
Course
Objectives
小選挙区制導入を中心とする選挙制度改革の結果、政党制においても与党内においても「一強多弱」と呼ばれる政治状況が続き、「地方」や「土」「生活」の臭いのしない二世・三世議員や、経歴の見栄えが良いものの政治をマーケティングやゲームとして考える傾向の強い政治家が多くなっていると言われる。こうした状況と対照的な戦後初期の国会に出てきた、多様なバックグラウンドを持つ政治家たちを調べることで、「戦後」とは何かを考えると共に、現代政治を逆照射する。
 この授業は、文献講読型ではなくリサーチ型の授業である。各人が時間外に多くの時間をかけて準備し、何度も授業内でケースを報告し、互いの報告を評価し批判しあうことで、文献渉猟・資料調査や議論などの方法を学ぶ。  
As a result of the electoral system reforms focusing on the introduction of a single-seat constituency system, the political situation called "one strong, many weak" continues in both the party system and the ruling party, and it is said that second and third-generation members of the Diet with no apparent connection to the "countryside," "the soil," or "daily life" and politicians with a strong tendency to think of politics with an attractive resume as marketing or a game are increasing. Contrasting this situation with the polar opposite Diet during the early years after the war and researching the diverse backgrounds of the politicians at that time will show what "the Postwar regime" was and will illuminate modern politics in reverse.
 The classes are research-based instead of focusing on a reading of the literature. Each student will spend a considerable amount of time outside of class preparing, present reports on cases during class on many occasions, and critically evaluate each other's reports to learn how to read the literature widely, research documents, engage in discussion, etc.  
授業の
内容
Course
Contents
上述の目標のため、まずは松浦正孝「ビジネス・財界と政権のあいだ」『立教法学』92号、2015年、を手掛かりに、戦後初期の多様な政治家登場についての大まかなイメージをつかむ。
 その上で、現代(平成)の政治家について、昨年刊行されたジャーナリストらによる優れた分析からイメージを作る。次に、戦後日本政治についての古典的文献を読むことで、戦後政治の基礎的知識を共有する。その上で、各人が、多様な背景を持つ政治家の中から、それぞれの興味に従いつつ参加者らと相談しながら選んだ政治家について、可能な限りの書籍・記事を渉猟し、その歴史的背景と政治家になった動機、政治家として成し遂げた業績について報告する。例えば、戦争体験者、技術者、工場経営者、種苗販売者、菓子店店主、農業者、教員、美容師、主婦、宮内大臣、外交官、植民地官僚などである。それらの多様な政治家を通じて、「戦後日本」とは何だったのか、翻って「現代日本」とは何なのかを議論する。
 なお、参加者の顔ぶれと人数を見ながら、前提の文献報告とケース報告の回数、毎回の報告者の数を決めるので、授業計画はその目安と考えて頂きたい。 
To achieve the objectives described above, students will read "The Relationship between the Business World or Zaikai and the Political Power" (Rikkyo Law No. 92, 2015) by Masataka Matsuura as a clue to get an overall image of the diverse politicians who appeared during the early years after the war.
 Moreover, students will create a depiction of modern (Heisei Era) politicians from the outstanding analysis published by journalists during the last year. Next, students will share their fundamental knowledge about postwar politics by reading the classic literature about postwar Japanese politics. Furthermore, each student will select, according to their own interests and in consultation with the other participants, a politician from among this group of politicians with diverse backgrounds, widely read as many books and articles as possible, and present a report on that person's historical background, motivations for becoming a politician, and accomplishments as a politician. For example, their backgrounds include people who experienced the war, engineers, factory managers, seed salesmen, candy shop owners, farmers, teachers, hairdressers, housewives, a Minister of the Imperial Household, diplomats, and colonial bureaucrats. By studying such diverse politicians, students will discuss, "What was postwar Japan?" and on further reflection, "What is modern Japan?"
 Furthermore, please note that the number of conditional literature reports and case reports as well as the number of student presenters during each session will be determined according to the mix and number of participants, so the class plan should be considered as a general guideline. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 近現代の政治家についての前提把握1 
3. 近現代の政治家についての前提把握2 
4. 近現代の政治家についての前提把握3 
5. 戦後初期政治家のケース・スタディ1 
6. 戦後初期政治家のケース・スタディ2 
7. 戦後初期政治家のケース・スタディ3  
8. 戦後初期政治家のケース・スタディ4 
9. 戦後初期政治家のケース・スタディ5  
10. 戦後初期政治家のケース・スタディ6  
11. 戦後初期政治家のケース・スタディ7  
12. 戦後初期政治家のケース・スタディ8  
13. 戦後初期政治家のケース・スタディ9  
14. 戦後日本政治についての暫定的総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
ガイダンスを除く当初の数回は、文献の輪読である。報告者が報告を準備する他、コーディネーターが議論を整理する。報告者は他の文献を参照してテキストを補いつつ、テキストの要旨・論点を整理する。それ以外の参加者は、毎回授業日の前日零時まで(授業は月曜なので、日曜24時まで)に該当する文献を読み、コメントをBlackboardの掲示板に書き込む。コーディネーターはこれを編集し、当日の議論のために印刷して配布し、当日の議論をコーディネートする。
 その後のリサーチでは、大学図書館やネットだけではなく、国会図書館などに出向いて、自分が取り上げるケースについての報告を準備する必要がある。 自分の担当した特性の議員たちについて、その個別データや政治的背景などを調べ、その理論的意味を報告する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業での報告内容(50%) 、授業での議論への参加態度(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 升味準之輔  戦後政治 上・下   東京大学出版会   1983  4130330217  
2. 芹川洋一   平成政権史   日本経済新聞出版社   2018   9784532263904  
3. 佐藤卓己・河崎吉紀編  近代日本のメディア議員 〈政治のメディア化〉の歴史社会学   創元社  2018  978-4422300733 
4. 御厨貴・芹川洋一  平成の政治   日本経済新聞出版社  2018  9784532176495 
その他(Others)
参加者の顔ぶれや関心を勘案し、適宜、テキストを加除することがある。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 衆議院、参議院編   議会制度百年史ーー衆議院議員名鑑   大蔵省印刷局  1990   4171648106  
2. 衆議院、参議院編  議会制度百年史ーー貴族院・参議院議員名鑑   大蔵省印刷局  1990   4171648114  
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP